ごはんがおいしい。

将来新潟に還りたい夫婦の生活記録

MENU

手帳の思い出は、いつしかヨメと共に。~お題「はてな手帳出し」~

今週のお題はてな手帳出し

 

こんにちは、ダンナです。

はてなブログ今週のお題が手帳について、ということで久々にお題に沿って書いていきたいと思います。

 

私にとっての手帳はタスク管理の為のツールでしかありませんでした。予定を詰め、考えたことを書き記し、目標と成果を照会する。ただそれだけの“モノ”でした。

 

そこに思い出はなく、ましてや特別な感情などありません。あるとすればダイソードラえもん手帳を使っていたので、「ドラえもん可愛いな~」くらい。

しかし、ヨメと出会い、ヨメと逢瀬を重ねるにつれて手帳は「モノ」から「思い出」と成ったのです。

 

遠距離恋愛をしたことがある方、現在進行形の方ならば少なからず共感いただけると思うのですが、純粋な「寂しさ」が頻繁に襲い掛かります。

ふとした瞬間、今の気持ちを共有できないとき、仕事で忙殺されてしまい連絡が途切れ途切れのとき…などなど…。

 

月に一度や二度会うだけでは拭いきれない新潟と東京の物理的・精神的距離は逢瀬の別れ際に寂寥感を際立たせました。

 

ある日、ヨメからプレゼントされた手帳によって問題は解決されました。

そんな便利なひみつ道具が「新潟手帳ォ*1」(CV.大山のぶ代

 

今までのドラえもん手帳では「いつ会うのか」「いつあったのか」など過去と未来を書き記すことしか出来ませんでした。これは主体が僕であり、僕の見聞きしたものしか書き記せないから必然のことです。

 

しかし、新潟手帳は有無も言わさず「新潟」を押し付けてきます。押し売りです。

 

新潟県内のイベントや観光情報、地域についてなど、新潟に関するありとあらゆることが掲載されています。

 

例えば何の気なしに手帳を開くと「おっ、今週末は○○ってイベントがあるのか!」と自分の予定ではない予定が日付に書き込まれており、確認することができます。それがヨメの地域であるならば尚更親近感が湧くというものです。

 

こういった押し売りを受け続けているうちに、ヨメとの精神的距離感が近くなっていることに気づいたのです。あら不思議。

 

ヨメを思えば思うほど離れている間の一日は遠く、一分は長く感じました。それに比例して逢瀬のときは早く感じます。これは焦りや寂寥感から来るものであったと思います。

 

何にせよ新潟の押し売りをされたことにより、新潟の存在が身近になり、結果的にヨメとの距離も縮まったというお話です。狭かった視野が広がった感じですね(多分)。

 

手帳。このワードを見るたびに思い出す遠距離恋愛の思い出。こらからも夫婦として思い出を重ね、手帳をつみあげていきたいと思います。

 

ちなみに、タイトルはヨメ記事からのオマージュ

okomemgmg.hatenablog.jp

 

 

【以下、公式サイト】

www.dip.co.jp

*1:='오'=

手帳の思い出は、いつも母と共に。~お題「はてな手帳出し」~

今週のお題はてな手帳出し

 

高校生ぐらいの頃から、毎年買う手帳は「週間ブロックタイプ」と決めている。

買い始めた当時こそマイナーなタイプだったが、今は知る人も多いタイプな気がする。

スケジュールがたっぷり書けるのはもちろん、日記や日々の記録をたっぷり書き込むことができるのが魅力だと思う。

 

 

「自分の手帳を持つ」ということに憧れ、最初に手帳を買った――否、親に買ってもらったのは中学生の頃だった気がする。

当時は小さなイオンの雑貨屋さんの、"スケジュール帳コーナー"で選んでいた。

デザインが可愛いもの、シンプルで大人っぽいもの、はたまた好きなキャラクターのもの…色々見比べて、"今年の一冊"を決めるのだ。

 

自分のお金で買うのではなく、まだ買ってもらう立場だったこともあり「可愛くて手頃な価格」が第一条件。そのため、選ぶものは自然と月間ページのみのタイプだった。

しかし、ある時私はこう思う。

「書くスペースが少ない…!」

 

忙しいことには忙しい学生生活だったが、スケジュールが埋まるほど予定があったわけではない。

「推しの番組予定・雑誌発売日等を書き込むとすぐ埋まる」(オタクあるある…)

「そもそも字を小さく書くのが苦手」

等が原因だと思う。

 

 

話は少し変わるが、私の母は長らく"月曜定休の職場"に在籍していた。

(今年、ピー十年ぶりに異動があり、ピー十年ぶりに平日5日勤務・土日休みに戻ったのだが)

すると、学校行事等で振替休日があるたびに、休みの母と二人で(時には弟と3人で)出かけるようになった。

 

ある時は、いつも通るけど入ったことの無いお店に入ってみたり…

ある時は、隣町の面白そうなお店を覗いてみたり…

またある時には、新潟市まで足を伸ばして、ショッピングを楽しんだりもした。

 

 

話を戻して…高校生になったばかりの頃、母と二人で新潟市まで出掛けたことがあった。

確か文化祭か何かの振替休日で、秋だった気がする。

今も昔も、私にとって万代エリア…特にラブラ万代は、格好の遊び場。服を見るのも楽しいし、雑貨を見るのも楽しい。リーズナブルなラインナップで、品揃えも豊富だと思う。

mitsui-shopping-park.com

 

本好きの母は、ラブラ万代の最上階にある紀伊國屋書店に行きたいと言う。

エスカレーターでどんどんフロアを昇っていると、紀伊國屋書店の一つ下、雑貨店・Loft(ロフト)の様子が目に留まった。

『スケジュール帳特集!』

エスカレーターから見える位置の棚に、来年のスケジュール帳たちが賑やかに陳列されていたのだ。

それを見た私はワクワクしてしまって、思わず母に「スケジュール帳だって!後でここ見ようよ!!」と話しかけた。

もう来年の手帳?早いね~!と驚きながら、母は了承してくれた。

 

ロフトのスケジュール売出しは、本当に凄いと思う。

あれだけ豊富な種類のスケジュール帳をいちどに見たのは、あれが生まれて初めてだった…かもしれない。

キャラクターものから、干支にちなんだデザイン、シンプルなもの等、本当にデザインが多種多様だった。

また、月間・週間という区別だけではなく、週間の中にも「左ページが日付欄・右ページがメモ欄になっているタイプ」「時間の目盛りが印字してあるタイプ」「1ページ一日のタイプ」などなど、色々存在していることに驚きだった。

 

そんな中、私も母も興味を持ったのが冒頭で紹介した

「週間ブロックタイプ」だったのだ。

 

月間ページと週間ページそれぞれあり、週間ページでは一日あたりの書き込める欄がしっかり確保されている。

そしてこれなら一日の予定だけでなく、ちょっとしたその日の記録など「日記としても使えるかも…!」と思い胸が踊った。

 

当時、手帳って「たっぷりかける手帳はシンプルで地味なものが多い」「可愛い手帳は書きこめる部分が少なかったりして使いづらい」というイメージ。

でも、これだけたくさんの手帳が揃う並んだロフトなら、"可愛いけど使いやすい手帳"があったのだ…!

 

その日は、シンプルだが色が可愛らしい「週間ブロックタイプ」の手帳を購入。

今まで一冊あたり1,000円以下の月間タイプしか使ったことのなかった私だったが、値段を見て若干戸惑う。1,700円ほどだった。

今となっては、2,000円弱の手帳を買うことはそう難しいことではない。もちろん、躊躇もほとんどしない。

しかし、アルバイトが出来ない高校生(アルバイト禁止の学校だった)の私にとっては、1,700円は「それなりに大きな買い物」だった。

 

恐る恐る母に「これ買いたいんだけど…」と、私が言う。

母はあっけらかんと「いいよ、一緒に買うよ」と私が持つ手帳を受け取った。

レジを待つ間、申し訳無さと安心感が入り混じったような気持ちになった。

「買ってもらったからには、ちゃんと手帳使うぞ…!」と心に誓ったのだった。

 

 

これ以降、私が上京するまでの間、母と一緒に手帳を買いに行くのが恒例となった。

9月頃になると、近所の雑貨屋さんにある小さな手帳コーナーを覗いたりもするが、やはり品揃えがいまいちだったりするので、新潟のロフトに行って選んでいた。

 

私が大学入学と同時に上京してからは、物理的に一緒に買いに行くことはできなくなってしまった。

アルバイトを始めて自分で手帳が買えるようになったから、もう母に買ってもらう必要もない。

「後ろめたさを感じる必要がない」という安心感と同時に、"一緒に手帳を選びに行くイベント"が一つ無くなったように思えて、寂しさも感じていた。

 

しかし、離れて暮らすようになってからは「今年は何買った?」「今年は●●の手帳が可愛いのよ!」なんて話をLINEでしたりする。

以前からネットショッピングに抵抗があった母も、ここ数年で楽天市場を使えるようになったみたい。

昨年は「この手帳、楽天で買ったの~!」とLINEで報告が来た。

母の成長(?)を微笑ましく感じつつ、毎年の手帳を報告し合えるこの関係を愛おしく感じている。長く続けたいな。

 

 

さて。近年の手帳選びは、めっきり私も母も「MATOKA(マトカ)」さんの手帳に虜である。

 

週間ブロックタイプの10月始まり・1月始まりが両方揃っているだけでなく

何と言ってもデザインがシンプル可愛い…!

▼週間ブロックタイプ="B6 WEEKLY BLOCK"です。

elcommun.co.jp

elcommun.co.jp

 

来年はうさぎ年なのもあり、うさぎモチーフの手帳がここぞとばかりにラインナップされている…かわいいわね…

デザインがシンプルだけど可愛いものが多いので、うっかり「週間ブロックタイプ」以外のものに浮気しそうになる(?)。

でも、あくまで私は「週間ブロックタイプユーザー」…!!浮気はしない…!

 

~私が購入検討中のスケジュール帳をちょっぴり紹介しますね…~

 

▼冒頭お写真の「ラム」柄(2022年10月始まり)

Amazonの購入はコチラから  / 楽天市場の購入はコチラから

ピンク地に白の子羊、ほわほわ感がかわいい…。

昨年の購入時にもラインナップにあり、最後まで迷ったのですが、違う方を選んでしまい…今年こそこれにしようかと迷い中…。

裏表紙は毛糸玉になっています。かわいい。

 

▼干支にちなんだ「うさぎ」柄(2022年10月始まり)

Amazonの購入はコチラから楽天市場の購入はコチラから

これ実は週間レフトタイプで、週間ブロックタイプじゃないんですけど…笑

デザインがあまりに可愛くて、困っちゃった一点。(母も同じこと言ってた。)

悔しいから紹介しておきます。

てか、このお月見ウサギさんだけ箔の色2色なの豪華すぎんか?!

 

▼「うさぎ年感」あふれる「うさぎ」柄(2023年1月始まり)

※裏表紙は「2023」と刻まれたニンジンが…!かわいい。

Amazonの購入はコチラから

区切りの良い2023年1月始まりのタイプ。

まだAmazonさんでも予約段階なので、店頭に出るのはまだこれからかも。

 

~紹介ここまで!~

 

すっかり手帳を買うのもオンライン頼りになった昨今、店頭のワクワクドキドキ感(まだ可愛いデザイン残ってるかな~とか、どんなデザインがあるかな~とか)も薄れてしまって、いいような悪いような…。

お気に入りの一冊を吟味して選べるのは、有り難いことなのだけれど。

 

そんなこんなで、来年の新しい相棒(手帳)を決めた暁には、例のごとく母に報告して"手帳語り"したいと思う。

A Tour of the World's Great Landscapes with Land Cards <Dominaria in Unity> - Seb McKinnon's basic lands are supreme.

【日本語版はコチラ

Hi, I'm Danna.

It's been a while since I've written about Magic the Gathering.

My heart dances a little.

Because the other day, Danna's long-awaited series "Dominaria of Unity" was released.

 

Because of its strong cards?

Or the re-recording of "Liliana of the Veil"?

Or the reappearance of Phyrexia...?

There were many things to look forward to, but there was only one reason why Danna was looking forward to it. Yes, the basic land cards. They are the basic land cards that are included in every pack and have no special abilities.

 

The reason why I was looking forward to the basic land cards is due to "Seb McKinnon", whom I mentioned in a previous article I wrote on why I started Magic: The Gathering.

What a surprise, he said that the basic lands he worked on will appear in the game.... I'm so glad I'm alive.... I am glad to be alive....

Now, I would like to go around the world of his basic land cards. Everyone should be captivated by Mr. seb....

*This is completely personal, regardless of the story or background.

*All illustrations are sourced from Seb McKinnon's Twitter account.

 

"Plain" that accepts all

source:https://twitter.com/SebMcKinnon

The first one is "Plain".

The flower field in the near view is probably Margaret.

The language of flowers in marguerite is "secret love" and "trust". Who is this love for, and what is the trust implied...? It may be another flower, but it is a scene that makes me think.

A rainbow in the sky gives us hope. After hardship comes good fortune. Whether there is such a metaphor or not, we will never know without asking the creator.

Anyway, it is beautiful. Really, it is a sight to behold.

Is it the flying ship Weatherlight at the embankment of the rainbow?

It looks like there are about three of them.

I find the devastated machinery sexy.

 

"Island" of unsettling rough seas and glimpses of hope

source:https://twitter.com/SebMcKinnon

The "island" is next on the list.

The light piercing through the deep clouds that cover the entire sky is impressive.

The glint of light wipes away the sense of uneasiness one remembers from the rough sea and leaden sky.

How emo... (vocabulary).

The isolated island in the center reminds me of Mont Saint-Michel. It is one of the sightseeing spots I would like to visit after Covid-19 settles down.

 

If I had read the story, I might have a lot of insights into the architecture and plants. However, I believe that it is also a pleasure to enjoy the first impressions as much as one likes.

 

"swamp" where life and death coexist

source:https://twitter.com/SebMcKinnon

My favorite of all the swamps in MTG.

The one that floats so comfortably is probably the flying ship Weatherlight.

The trees are all standing dead and bleaching.

I wonder what caused their death....

I thought it might be bad soil, but the fact that the understory vegetation is growing suggests that there might be other factors. seb, I really like your conflicting expressions of life and death. It reveals his proclivity.

The colors seem a little bright for a swamp, but I think it is typical of a swamp in the sense that the fog is so thick that it is hard to see what lies ahead.

 

"Mountain" faintly illuminated by sunlight

source:https://twitter.com/SebMcKinnon

Next up is the mountains. I'm not good at Burn and Izzet because they are Danna's weak points.

I imagine mountains to be red landscapes, but seb's mountains are mostly black and white.

Buried in the mountains is the tower of Phyrexia...? I wonder.

Please tell us, experts.

What is consistent with seb's cycle is the relationship between "structure" and "nature".

We will talk about this collectively in the next chapter.

Plains, islands, marshes, and forests all have an expression of "life," but only mountains have no element of life. Rather, the rolling rocks look like human skeletons. It is scary.

In astrology, sun means selfhood.

The sun, which did not show itself in the "plain," has become symbolic in this illustration. I wonder what it means.... Hmmm...

Whatever it is, it is a nice illustration.

 

Mysterious forest where silence speaks for itself

source:https://twitter.com/SebMcKinnon

Some data show that Ghibli lovers generally like forests (a lie).

The forest, which is supposed to be the furthest thing from man-made objects, is more striking and closely integrated into the cycle than any other.

As I mentioned briefly earlier, the basic land cycle of seb is the relationship between "structures" and "nature".

The "plain" has a gentle atmosphere that embraces a ship that has completed its role, while the "island" has cool buildings that stand dignifiedly in a rough environment.

In "swamps," which I like, everyone is free, or worse, selfish. Mountains" evokes the harshness and ruggedness of nature. I feel that each of them has something in common with the color image (of course, this is my personal impression).

Among them, "green" evokes a strong sense of vitality. A tree growing out of a robot is a beauty that sticks very much to my nature. It grows like cordyceps, and it seems to dominate the man-made objects.

 

Seb's basic land is supreme

What did you think? This was completely my personal impression, but I would be happy if you could tell how wonderful the illustrations are. I really, really like it.

I'm sure there are many things I've misinterpreted, but I just want to say one thing.

Seb's basic land is supreme.

What kind of land do you like?

I'd be happy to hear from you in the comments or on Twitter.

 

thx!

【MTG】土地カードで世界の絶景巡り<団結のドミナリア編>~Seb McKinnonの基本土地は至高~

Click here for English version

こんにちは、ダンナです。

久々にマジックザギャザリングの記事。

ちょっと心が踊ります。

というのも先日、ダンナ待望のシリーズ「団結のドミナリア」が発売されました。

 

強いカードがあるから?

それともヴェリアナの再録?

はたまたファイレクシアの再登場…?

色々楽しみにできる要素はありましたが、ダンナが心待ちにしていた理由はたったひとつです。そう、基本土地カード。どのパックにも入っている、特質した能力など無い基本土地カードなのです。

続きを読む

【一問一答】なんでSPYD・HDV・VYM等の高配当株ETFを買っているの?

こんにちは、ダンナです。

皆さん、カオソイという料理をご存知ですか?タイ北部の料理で、優しくクリーミーなカレーのラーメンです。最近はタイ料理屋さんを覗いては「カオソイあるかな?」なんてくらいに恋しています。

さて今回も投資に関する一問一答シリーズです。前回、ヨメから以下のような質問がありました。

 

・なんでSPYD等の高配当株ETFを買っているの?

・なるべく元本割れしないで殖やす方法はないの?

・投資のせいで税金が増え給与は減らないの?

ざっくり言うとこんな感じ。

今回も引き続き、質疑応答の中で色んな話をした内容を順序だてて、一つ一つ話していきます。

今回答えるのは「なんでSPYD等の高配当株ETFを買っているの?」についてです。

続きを読む

コロナ禍で結婚式挙げましたレポ ~衣装選び編~

こんにちは、ダンナとヨメです!

結婚式場を決め、その後に我々がしたことは「ドレス選び」でした。

ヨメはヴィンテージドレスを選び…

その後すこし間を開けて、ダンナのタキシードを選びました。

 

そんな私たちの衣装選びの経緯や、実際に利用させていただいたお店をご紹介していきます!

ウエディングドレス選びに迷っている方、予算の関係で悩んでいる方等の参考になれば幸いです。

続きを読む

夏のおしゃれ「あってよかった!」アイテム紹介

こんにちは、ヨメです。

 

暑かったり秋のように涼しくなったり、気温差に振り回される今日この頃です。

皆さんはいかがお過ごしですか?

「夏………まだ行くなよ……………」

という悲しげな気持ちを抑えつつ

(夏、そんなに好きじゃないけど、夏の終わりってなんか物寂しくなりません??)

「夏のオシャレ、あってよかったグッズ」たちをご紹介します!

 

まだまだ暑い日もあります、本格的な秋が来るまでの間の参考にしていただいてもよいですし

来年の夏の参考にしていただいてもよいかと思います笑!

続きを読む

【一問一答】元本割れをなるべくしないで殖やす方法はないの?

こんにちは、ダンナです。

久しぶりの一問一答シリーズです。お金について記事にするのが久しぶりすぎて、ちょっと嬉しい。書くの好きなんですよ、お金のこと。お金が好きですからね…。

 

さて、今回ヨメから受けた質問は三つ

・なんでSPYD等の高配当株ETFを買っているの?

・なるべく元本割れしないで殖やす方法はないの?

・投資のせいで税金が増え給与は減らないの?

ざっくり言うとこんな感じ。

質疑応答の中で色んな話をしましたが、今回も順序立てて一つ一つ話していきます。

今回答えるのは「なるべく元本割れしないで殖やす方法はないの?」についてです。

続きを読む

ドラえもんの誕生日に込めた思い~とっても大好きドラえもん~

こんにちは、ダンナです。

昨日、9月3日はドラえもんの誕生日でした。国民の日なので、もちろん皆さんご存知の事と思いますが、一応ね…?

 

そんな国民の祝日ドラえもんの誕生日。

私ダンナは今年もどら焼きを作りました。

ちゃんと生地から試行錯誤して作ってます。

一応、喜んでくれるドラえもんの優しさ
続きを読む

沢山の笑顔に包まれた二人の今日という日~初めて荒川ケンタウロスのライブに行った話~

こんにちは、ダンナです。

 

先日、ヨメに誘われライブに行ってきました。

場所は渋谷。箱は「LUSH」。

会いに行ったのは「荒川ケンタウロス」さんです。

今回のブログタイトルで引用した「アンセム」は結婚式のBGMにも使わせてもらいました。良い曲なのにあまり知られていないの代名詞と言っても過言では無いと思います。

かくいう私もヨメに教えてもらうまで知らなかった。こんなにも良い曲があるとは…。結婚式の定番として知られても良いのでは?と思うほど好き。

続きを読む