ごはんがおいしい。

将来新潟に還りたい夫婦の生活記録

MENU

コロナ禍で結婚式挙げましたレポ ~セットリスト編~

f:id:PandD823:20220123013216j:plain

 

こちらのシリーズ、更新ご無沙汰してごめんなさい!

ダンナとヨメです。

 

さて、今回は結婚式及び披露宴のBGMセットリスト(セトリ)をご紹介していきます!

選曲理由や、選ぶに至った経緯、入れたかったけど入れられなかった曲etc…

ヨメの希望で入れた曲が殆どですが(すみません…笑)どうぞお楽しみください…!

 

私たちの結婚式の基本データは過去記事からどうぞ!

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

はじめに

私たちの式場では、

「CD原盤を持ち込んで貰えれば、なんでも流してOK!」

「式場で用意してある音源リストがあるので、そこから選んでもOK!」

「もしくは式場におまかせ」

という形式でした。

 

【迎賓】In a safe place / Album leaf

これはヨメ希望で、アルバムをほぼそのまま流してもらいました。

このアルバム、何を隠そうLyu:Lyu (現:CIVILIAN) のライブ客入れ・客出しで使用しているもの。

正直、会場の雰囲気に合ってるかは微妙ですし、結婚式感はゼロですが…笑

実は、結婚式の開催が決まる前から「客入れはコレがええんじゃ~~~~~」と思っていた部分です…。

ヨメ的「人生を語るに欠かせないアーティスト」である彼らですが、結婚式に合う曲を見つけるのが難しく…ここで使わないと使い所がない!ということで、本人たちの曲ではないのですが、要素的にねじ込むことができました。

もしかして、ゲストに「なんでこんなほの暗い迎賓曲なんだ…」って思われてたかもしれませんね…正直すまんかった…でも後悔はしていないです…!

 

挙式

【新郎入場】Kaoru & Sentaro Duo in BUNKASAI / KIDS ON THE SLOPE sound track

坂道のアポロン」サントラより、「My Favorite Things」から始まるメドレーの曲。

この曲は喧嘩していた主人公と相棒の二人が友情を育んだ「My Favorite Things」から始まります。そして、すれ違いのキッカケとなる「いつか王子様が」を経て、二人の原点となった「Moanin'」で心を通わせる感動的な一曲です。

約3年の遠距離恋愛から結婚式まで、数多くの困難が僕らを待ち受けていました。

その困難を乗り越えた結婚式で、一番はじめに流すに最も相応しい曲だと思い選びました。

 

【新婦入場】アンセム / 荒川ケンタウロス

ヨメ的人生の(以下略)バンド、"荒ケン”こと荒川ケンタウロスのウエディングソングです。

荒ケンの曲は、「地元を想う気持ち」や「まだ見ぬ未来を思う」感情が美しく描かれていて、聞くたびに心揺さぶられるので大好きなのですが…

結婚式で使うとなると、未来を感じる系かな~と思って聞き返しましたが、ふと思い出したのがこちらの動画…マネージャーP山さんの結婚式余興で、実際にバンドメンバー皆さんで演奏されたときの動画です。

 

youtu.be

 

…なんかこの動画見たら、やっぱアンセム使いたいな!となりません??私はなりました。

メインのBGMが殆ど決まっている段階で、この曲を使うことを決めたので、どこで使うか悩みつつ、この新婦入場に起用しました。 結果的に、一番この曲が映える良いところに落とし込めたのでは~?と思っています。

また、新郎入場がしっとりめの雰囲気なので、新婦入場もしっとりめにしたよ!という配慮が一応あったりします…笑

あと、曲の一番しか流れていなかった気がしますが(ド緊張していて曲のどこまで流れてたかとか記憶が一切無いですけどね…)実は二番の歌詞に「九月の夏の終わりの中」っていうフレーズが出てくるので、そこまで流せたらよかった…。もしくは編集して2番から流すとかね…。

余裕があれば、そこまで考えて使えていたらよかったな~、というほんの少しの後悔です…余裕がなかったので仕方ありませんが…。

 

【新郎新婦退場】Honey / 20th Century

詳細に言うと「結婚の承認~退場」のBGMとなります。

この曲もヨメがめちゃくちゃ使いたかったんです…だって好きだし…あと、めちゃくちゃ結婚式向きじゃないですか…???

「大切な君に 贈りたい言葉があるよ ずっとそばにいてくれるなら 永遠に 君を守るから」

「何よりも大切なものを この手はもう離さないから 2人築いていこうよずっと sweet sweet love」

…そう、永遠の愛誓ってますねこれは。実は結婚式ソングじゃん???違う???

 

あとこの曲の良いところ、イントロの明るい入り方ですよね。

司会者「ゲストのみなさん、二人の結婚を承認しますか?承認していただける方は拍手をお願いします!」

ゲスト「(拍手)」

司会者「ありがとうございます!今、二人の結婚が承認されました!」

~イントロ流れる~

一気に雰囲気が明るくなって、フラワーシャワーと共に退場となります。我ながら良い選曲だったなぁと思います。へへへ。

 

唯一欠点を挙げるなら、曲自体の尺が若干短い(3分ぴったりぐらいです)ので、結果としてループすることになりました。

音響さんの方で"いい感じ"にループできるよう予め音源を用意してもらっていたようで、聞いている分には無問題でしたけどね!

当初はギリギリ1曲で尺が足りるかな~と思っていましたが、足りませんでした笑!

やはり当日は"いつもと違う動きづらい服装"かつ"みんなに祝福されながら退場"となるので、想定より時間がかかるものですね…。

 

披露宴

【新郎新婦入場】Voyager / V6

二人の入場曲はゼッタイコレ!!!と決めていた曲です。

V6の2007年Voyagerコン、見た方はわかっていただけるかと思うのですが…

「旅立ち」「壮大感」「高揚感」「はじまり」

って感じがして、これぞ入場曲~!って思ってました。(ボイジャコン円盤、人生で初めて買ったライブDVDで本当によく見ていたので、単に思い入れが強いというのもあります…。)

規模大きめなホテルウェディングで流して、スポットライトバァン!!みたいな演出なんかも、壮大感マシマシで良いかもしれません…。

 

この曲での入場は結構こだわって、事前に色々打ち合わせもしました。

最低でも一番のサビまで流したい→イントロが長い曲なので、普通に入場すると流しきれないかも→入場より早めに流してもらって、歌詞はじまりから入場!

というように…実際の会場で少し練習させてもらい、秒数や歩くスピードを確認しました。

当日の入場、予定の音楽が流れなかったりトラブルもありましたが…(この話はのちのち)

司会者の方がうまくつないでくれたお陰で、ほぼ希望通りの演出が出来ました。司会者さんはすごいなぁ…(しみじみ)

 

【プロフィール紹介】ルパンレンジャーVSパトレンジャー / Project.R

ダンナとヨメが史上最強にドハマリしたと言っても過言ではない、ルパパトこと「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」の主題歌です。

この曲は入れたいね~、お色直し入場でVSチェンジャー持って「予告する!」とか叫びたいね~!…なんて話もしましたが、そもそもVSチェンジャーを持っておらず諦めました…。(そういう問題?)

※多分持っていたらやっていました(ダンナ)

 

"二人らしさ"ということで、二人のプロフィール紹介のBGMに選定。

司会者さんの喋りを邪魔しないように、少し音量小さめで流してもらいました。

 

【乾杯】愛のMelody / V6

「乾杯のBGMは出だしから歌詞入りの曲がいいよ~!」というのは結婚式準備を経験された方は多くの人が聞いたことある話かと思いますが…

乾杯の音頭「乾杯!」の直後に流すので、そういう曲がいいよ~ってことなんですよね。

乾杯だし明るい雰囲気で…となると、いずれもV6の"by your side"か"愛のMelody"だな~と思っていました。

ヨメ一人では決めかねてしまって、最終的にはダンナに選んでもらいました。

 

【ケーキ入刀】Anything Goes! / 大黒摩季

ケーキ、といえば「Happy Birthday!!」(by.鴻上社長) ということで…オーズの主題歌のこちらに決定。

「祝え!」(by.ウォズ) から連想して、ジオウ主題歌の Over "Quartzer" とも悩みました。

はやりケーキ入刀では、派手な動きが少ない分、終始明るくて楽しげな曲がいいんだな~と思いました。気付き。

 

【新婦中座】ABSOLUTE RUN!!! / ストロベリーポップムーン

新婦中座は唯一のアイマス(ミリシタ)曲です。

ヨメ的人生を語るに欠かせないコンテンツの一つ、アイマスですが、どこで使おうかな~と悩んでいました。

ダンナはアイマスは別に…という感じなので、ヨメが主たる場面で使うのがいいな、とは考えていました。

 

そして、披露宴あるある(?)ですが、「きょうだいのエスコートで中座」することが決定!

ヨメには弟がいるのですが、彼はアニメ声優さん好きなんですよね。

ヨメ:アイマスアニメを見る→ヨメ弟:その影響でアイマスetcに興味を持つ→ヨメ弟:ミリシタアプリをはじめる、ヨメに勧める→ヨメ:ミリシタたのしい!!!

という経緯も相まって、ここはあえて弟も好きなミリシタ曲を中座で使おう!となりました。

 

弟にそれとな~くリサーチして、気分も雰囲気もアガる曲!ということでミリシタ信号機トリオの曲となったのでした。いい曲ですよね…。

 

ちなみに、ヨメは青推し、ヨメ弟は黄色贔屓です!(何情報ですかね…)

 

【新郎中座】パッフェルベル:カノン ニ長調 

新郎中座でも同様に、ダンナ弟エスコートで中座することに。

幼い頃から音楽を嗜んできた"二人が好きな曲"ということでこちらをチョイスしました。

選曲に至ったキッカケは「弟の結婚式でも兄弟で中座したこと」にあります。

カノンとは、異なる声部が厳格に模倣しながら追いかけてゆく技法のこと。

異なる環境で異なる趣向、異なる思想で成長してきた僕ら二人が、最後は一つの曲として、これからの共に道を歩んでいきたいという願いから選曲しました。

(ヨメはその様子を見ることは出来ませんでしたが、写真ではとても楽しそうに二人で歩く姿を見ることができました…ほっこり…)

 

【プロフィールMovie】It's my life / V6 ~ I'll cover you / RENT

プロフィールムービーでは、この2曲をチョイス。

大まかには、

It's my life→二人の生い立ちムービー

I'll cover you→二人の出会い~これまで

という構成です。

ムービーの詳細は後日別記事にする…かも…。

※このムービーはヨメ担当だったのですが、完成後の視聴でダンナは泣きました。

 

やっぱりV6の明るい曲がいいな~と考えていた時、ムービー用に撮影したとある動画と、本家のPV冒頭が似てる!とビビッときたのです。

それに「私達の生い立ち」≒「It's my life」じゃん!ということで決定。

 

I'll cover youは、ヨメが初めてダンナを観劇に連れて行った思い出の作品「RENT」からの一曲です。

この曲は単純にヨメが好きなのもありますし、作品としてRENTが好きなので、この作品から一曲は出せたらいいな~と思っていました。

男×男の曲なのね…とツッコミが入りそうですが、いいじゃないか!!!愛に性別は関係ないんだ!!!!

 

【お色直し入場】明日の傘 / V6

V6の結婚式ソングといえばコレ!!!!でしょう!!!!

言わずもがなド定番ウエディング・ソング…知らない人は歌詞をググってほしい…

ということで、ここでねじ込みました。二人揃っての退場で使っても良かったのですが、また別の曲が譲れなくて、ここで使用しました。

 

【ブーケプルズ】おジャ魔女カーニバル

ウオォ~~~~!!女子の集まりや~~~~!!!ブォ~~~~!!!(法螺貝の音)

ということで、女子がアガる曲にしたかった。

ここでアイマスの「乙女よ大志を抱け!」と悩んだのですが、(実家で円盤が行方不明なのもあり)同じく人生を語るに欠かせない懐メロをぶち込んでみました。

同世代は大体テンション上がるでしょう!!と思ってニヨニヨしていたのですが、思ったよりゲストの反応が薄くて内心「アッ…ソッカ…」となるなど…(ブーケプルズ参加でそれどころじゃないからそれはそうよ…笑!!!)

 

プルズに関しては、新婦ゲストがいわば主役となるパートなので、新婦ゲストが聞いてワッと喜ぶような曲にしたいな~、という想いもありました。

当初、招待したゲストの大半が高校時代の友人でしたので、当時みんなで一緒に熱中したアニメ、タイバニこと「TIGER&BUNNY」の主題歌「オリオンをなぞる」とか…

円盤が入手困難で諦めましたが、テニミュの「F・G・K・S」や「On My Way」とか…

色々悩みましたが、最終的にはやはり「自分の人生(略)」かつ円盤の入手しやすさでおジャ魔女に落ち着きました。

あと女子ボーカル曲の方が新婦ゲストのコーナー!感があるかな、という気持ちもありました。

 

新婦手紙朗読】糸 / 中島みゆき(オルゴールVer.)

当初、親へ贈る言葉ということでV6の「BRAND NEW DAY, BRAND NEW LIFE」を考えていましたが、

ダンナに「手紙朗読は歌詞無しがいいよ!!ゼッタイ!!」

と言われ、(薄々、そうだよね~とは思っていましたが…拘りが捨てきれなかった…)会場で用意されている音源からチョイス。

 

でも、実はこの曲、ヨメの両親の結婚式でも使った曲なんです。

当時から中島みゆき好きな母でしたが、皆さん御存知の通り(?)、中島みゆきさんの曲って結婚式向けな曲は少ないんですよね…

これなら流せる!ということで、当時の二人はキャンドルサービスのときにこの曲を流したとか。

私の結婚式でも使ったら、これは母も喜ぶのでは?!という気持ちもありつつ、糸に決定。

 

(音源一覧にオルゴールVer.って書いてあったのに、実際流れた曲は歌詞ありの原曲!?というプチトラブルもあり…内心ビックリしました…どうしてこうなった…)

 

【記念品贈呈】My Favorite Thinghs

ダンナの好きな曲、「私のお気に入り」ということで、

"わたしたちのお気に入りをプレゼントしますよ"という意味を込めて選曲しました。

結婚式はモノやヒト、すべての意味で”わたしたちのお気に入り”が沢山詰め込みました。

「落ち込むときこそ、いいものを思い浮かべる。」

そんな一言から生まれたこの曲。

これから巣立つ僕らを送り出したあとは、この結婚式を「お気に入り」として思い浮かべてもらえると嬉しいな。

 

【新郎新婦退場】翌日 / Syrup16g

ヨメの好きなバンド、Syrup16gからどうにか一曲…と悩みました…。

知っている方はお察しでしょうけれど、「シロップで結婚式に使える曲…あるんか…??」って感じなので…

でもやっぱりバンド好きな方、考えることはみな同じのようで…(そうなの?)

Twitterで色々キーワード検索し、先人のお知恵を借りました!!!ありがとうTwitter集合知!!!

「Reborn」はエンディングや退場のしっとりしてもOKなところで使えそうだな~という情報を得つつ、

「翌日」は雰囲気明るいし歌詞も未来系っぽくていいかも…ということで、退場曲に選びました。

ダンナに「明るく退場、いいじゃん!」と同意も得られたので。ヨカッタ。

 

【エンディングMovie】親孝行!! / チーム・ハンサム!

ヨメ、なんとしてもハンサム曲は入れたかったのですが…

この曲、みんなに感謝の気持を伝えるのにピッタリだな!と!

結婚式開催が決まった頃から「親孝行でエンディング…終盤でこれ流すのってハンサムライブっぽいし、なんかいいかも…」とずっと考えていました。

 

ムービーに使うにあたって、結構アゲアゲな曲調に合わせ、たくさんの写真が流れるイメージが思い浮かびました。

歌詞的に1番がタイトル通り「親への感謝」、2番が「俳優からファンへの感謝」となっているので、"俳優からファン"を"私達から友人"に変えて、歌詞に合わせた写真を流すムービーを作りました。

結構満足の行く出来でしたので、これも後日別記事で…。

 

【送賓】初めてのチュウ (Jazz Ver.) ~ Season Of Love / RENT

「初めてのチュウ」は、ダンナが大好きな藤子・F・不二雄先生の要素としてチョイス。

式場が用意できる音源リストにこのJazz Ver.があり、有り難く使わせていただきました。オシャレで会場にもピッタリな曲でした~!

Season of love はRENTの曲。ヨメはこの曲も好きなので、歓談か送賓の中に入れられれば…と思っていたのでここで起用。

送賓はこの他、英語詞曲縛りでお任せしました。

 

結果として、英語詞でまとめたことで統一感がありよかったな~、と。

ただ、結婚式をやってみると分かったのですが、送賓BGMが流れている時間って思ったより長いですね…笑

せっかくならもっと曲を指定しておけばよかったかも…。

 

退場→EDムービー→退場アナウンス

このあとすぐに皆がササーッと帰るわけではなく

退場アナウンス→ゆっくり帰り支度→出口でプチギフトお渡し(その際に一人ひ一人とお話する)

と、思っていたより所要時間が長かったです。

そりゃあ久しぶりに合う人が集まっているわけで、積もる話がありますから…ちょっと考えれば分かったんですけどね…笑!?

プチギフトお渡しの際にお話する流れも、逆にゲストの数がもっと多いと出来ないことなので、私達ぐらいの人数だからこそ出来た流れかもしれませんね…。

 

テーブルラウンドBGM

テーブルラウンドの曲、流しきれなかった分は歓談でも流してもらいたかったのですが(使い方としては、歓談BGMとそう変わらないイメージだったので)、その辺がうまく伝わっておらず、この中で実際流れたのは半分ぐらいかもしれません…

 

仮面ライダー曲だらけなのは、ご存知"仮面ライダー・ザ・ダイナー"をイメージしたからです…!ずっと主題歌が流れてるやつ!!

一曲だけ仮面ライダーじゃない「恋は~」は、ネタ曲的な…笑

突然流れてきてクスっと笑ってもらいたかった…(自分たちが聞きたいだけなのもあるけど…)

 

歓談BGM

  • キセキのはじまり / V6
  • ユメニアイニ / Junichi Okada
  • Darling / V6
  • グッデイ!! / V6
  • BRAND NEW DAY, BRAND NEW LIFE / V6

ザ・結婚式の曲!とか、V6の明るいポピュラーめな曲を集めました。

キセキのはじまり」はまさに結婚式向けだな~と思いながらチョイス。特に聴き込んでた曲の一つなので、流せてよかった!

「ユメニアイニ」も、思い入れがありつつ、歌詞も恋の歌だし…!とチョイス。

"しっとり弾き語り曲だから、歓談BGMで流していいかな…"と若干迷いましたが、結果的に入れてよかったです!中盤にしれっと流してもらえたので笑、不自然に暗い感じにはならなかったはず!

(あと当日、おかだ担の友人が遠路遥々来てくれることもあり、どうしてもこれを流したかった気持ちはありました…笑 セトリも楽しんでくれたのでよかった~!)

 

おまけ~これと迷った・これも流したかった~

・amazarashiの曲を使いたかった話

あまざらしも、私の中で大切な存在のバンドなんです…でも今回は使えませんでした…無念…。

使えそうな曲がやはり(?)多くはないのですが

「スターライト」

「未来づくり」

あたりなら…と検討していました。

ですが、曲の雰囲気を考えたときに、もし使うなら新郎新婦退場か…新婦入場か…となったのですが、他の曲との統一感や優先順位の関係で、使えずに終わることとなりました。

歓談BGMに無理やり入れても良かったのかもしれませんが、V6だらけの歓談曲に混じってこれらが流れるのはちょっと…と思い辞めました。

なので、私(ヨメ)の葬式あたりで使ってもらおうかな、と思います…(遺言か…?)

 

・やっぱりLyu:Lyu(CIVILIAN)の曲は使いたかったけど…

彼らの概念として Album leaf を入れはしましたが、やはり本人たちの歌唱曲を入れたかったな~というのが本心。

「明日もし晴れたら」を送賓一曲目に入れるのも澄んだ空気になりそうでいいな~、と思っていましたが、やっぱりどうしても"死"やそれを彷彿とさせるワードが歌詞に含まれてしまうので、使えませんでした…無念…。

「境界線」や「花よ花よ」も同じイメージでしたが、同じ理由で使えないな~、と。

他の曲も色々検討はしましたが、使うに至りませんでした。

 

ただし!

アルバム「太陽になろうとした鵺」の"雑踏"を、プロフィールムービー導入部分で使うことができました!気づいた人いたかな?!?!笑

 

・原盤が必要問題

各曲紹介でも触れましたが、原盤が必要だが入手困難で諦めざるを得なかった…という曲は結構ありました。

まあ、逆にそこで諦められたから悩む時間が減ってよかったね!とも考えられますけど…!!

 

例えば、ハンサムライブのエンディング定番曲「無礼講!!」とか「Dear my girl」とか流したかったんです…でもこの2曲はいずれも2011年発売のCDにしか収録されておらず、断念しました。(私のハンサムリアタイは2013年からだったので…)

ライブで当たり前に毎年やっているので「どっかに音源あるやろ~」という気持ちでしたが…盲点でした…

 

また、V6に関しては大量にCDを所持しているわりに9割実家に置いてあるので(色々とすみませんの気持ち…)、帰省の際にある程度持って帰ったり、それでも足りない分はリストアップして直前に実家の母から送ってもらったり…

…それでも実家に置き忘れた分の曲は諦めました笑。(メインとなる曲は揃っていて、歓談BGMに流せたら流したい、ぐらいの曲だったので…)

 

この問題は会場に拠ると思うので、皆さんも会場とよく確認しながら、時間に余裕を持って検討してみてくださいね…!(マジで余裕大事です…)

(ちなみに、私たちの会場では著作権関係の料金は発生しませんでした!)

 

・終演後にセットリスト掲示してみました

ライブとか行く方ならピンとくるかもしれませんが…(amazarashiとか)

ライブ終演後になると、出入り口付近で「今日のセットリスト」が掲示されてるじゃないですか!あれをやりたかったんです!!

「今日の記念に~」という気持ちで、出入り口のセトリを写メって帰る。

そんな体験をしてもらいたくて、A4サイズの小さいものですが用意しました。

 

ゲスト退場の際、セットリスト掲示のことを司会者さんにもアナウンスしていただき、結構見て帰ってくださったようで良かったです!

f:id:PandD823:20220123124502j:plain

終演後、出入り口の様子

 

さいごに

セットリスト、ヨメのワガママを許してくれた寛容なダンナのお陰で、ヨメ的には満足いくものが完成しました。(本当にありがとうダンナ…)

これはセットリストに限らず…ですが…

「ゲストにいかに喜んでもらうか」も大切ではありますが、やはり結婚式なんて全ては自己満足の賜物ですから笑、自分が満足出来るか、という基準で進めて間違いなかったな、と思います。

多趣味オタク全開なセトリに付き合ってくれた関係者の皆様に心からの感謝を…!

 

 

~関連記事~

 

「コロナ禍で結婚式挙げましたレポ」シリーズ

okomemgmg.hatenablog.jp

 

「ヨメの趣味の話」

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

子育て世帯への10万円給付、どうせ貯蓄するなら投資という選択も一案

f:id:PandD823:20220101152901j:plain

こんにちは、ダンナです。

賛否両論のある子育て世帯への10万円給付金について、大変興味深いアンケート結果を目にしました。

なんでも給付されたお金を41.8%の人が貯蓄に回すとのこと(※)。

やはり日本。貯蓄に回すひとが大半なのは概ね予想通りとも言えるでしょう。

※株式会社バイアンドホールド調べ

 

現金のメリットは主に以下の二つであると考えます。

・価格変動リスクが最も低いこと

流動性が極めて高いこと

近い将来使う予定がある方には最も適した資産であることが伺えます。

一方、近い将来使う予定がなく10年~15年は保有し続けるであろう方には、投資信託等の金融資産として保持するのも一案であると考えます。

生活費や学費等を目的として給付されるお金で投資という提案は趣旨に反するとは思います。

しかし、意図せずまとまったお金を手に入れ、かつ近い将来使う予定がないのであれば、価格変動リスクに晒されることになれるのも、巡り巡って日本の将来に寄与すると考えます。

 

では、ダンナならば10万円でどのような投資をするのか。

以下の順で説明していきます。

それでは始めます。

 

(1)投資目的を明らかにする

まずは投資目的を明らかにしましょう。

どの商品を購入するか、どのくらい利益を得たいか等よりも、一番重要なことであると考えます。それは、平時に投資目的を明らかにすることで、判断に迷う局面において大変有用であるからです。

軸を定めることで、今の考えは不安や強欲から来ているものなのか冷静に見つめ直せます。

 

ダンナであれば10万円のみで約10年間以上投資するのであれば、以下のように考えます。

・資産購入が原因で生活は困窮しないか

・子供にとって良いお金の使い方は何か

それぞれ考えていきましょう。

 

・資産購入が原因で生活は困窮しないか

まずは余裕資金であることが重要です。

支出の最適化を経た後に行われるのが投資であると考えています。

「いま10万円必要で、このお金がなければ苦しい生活を送ることになる。」

このような状況下において、投資はさほど役に立ちません。

余程リスクを取らなければ、1年で10万、20万と増えるものではないからです。

投資を始めて1~5年以内に資産売却をしてしまうと、場合によっては元本以下となっている可能性も考慮しましょう。

その点において、価格変動リスクと流動性を考慮すると預金(現金)は優良な投資先とも言えます。

まずは一度、このお金がなくても大丈夫なのか。話し合ってみてください。

 

・子供にとって良いお金の使い方は何か

つぎに、子供にとって良いお金の使い方について考えます。

ダンナが思いつく限りだと二つありました。

一つは、「1円でも増やし、子供の学費に充当する

もう一つは、「10万円で金融教育の教材を用意する

この二つは明確に目標が異なります。

一つずつ説明していきます。

 

まず「1円でも増やし、子供の学費に充当する」ことを目標にする場合です。

これは約18年間、お金を一切動かさないことが条件になります。

子育てで一番お金がかかるのは学費と聞きます。

後述しますが、学費を全て賄うほどに資産拡大は出来ません。

しかし、学費の一部として充当することで将来の負担は少なからず減るでしょう。

お金があるということは選択肢を増やすことに同義です。

この目標は子供の選択肢を増やすための一助になるでしょう。

 

つぎに「10万円で金融教育の教材を用意する」ことを目標にした場合です。

一つ目の目標とは違い、資産形成における過程を子供と見守ることが条件です。

「日本の金融教育は遅れている」と言われています。それは預金金利が高く、わざわざ株式等に投資しなくても良い世代が親であり、子であるため、しかたがないことであるとも言えます。

しかし、最低限の金融教育を受けないことでクレジットカードのリボ払いを利用してしまったり、投機的な金融商品に手を出し、最悪は詐欺にあいます。

この目標は子供と4~7歳から一緒に資産運用をすることで、最低限の知識という財産を残すことがゴールになります。

 

どちらも目標が異なるとため、どちらが最良かは家族によります。

第三の目標もあると思いますので、家族と話し合って決めることが重要でしょう。

 

(2)子名義の証券口座開設する

さて、目標が定まったところで投資の土壌を用意しましょう。

2023年までであればジュニアNISAを開設しましょう。

投資における大敵は二つ。予想外な出来事と税金です。

リーマン・ショックやコロナショックはある程度リスク管理をすることで低減は出来ますが、0にすることは出来ません。

しかし、税金についてはジュニアNISAを活用することでリスク回避が可能です。

いずれにせよ、子名義の証券口座の開設は必須であると言えます。

口座がないと投資できませんからね…。

オススメの口座は楽天証券SBI証券です。

米国株を購入するならSBI証券ですが、国内株や投資信託であれば扱いやすい楽天証券が良いと思います。好みの問題だと思いますけどね。

注意スべきはネット証券以外からの投資です。

銀行口座と対面での証券口座は基本的に近寄らないようにしましょう。

ジュニアNISAについては以下の記事が参考になります。

okomemgmg.hatenablog.jp

 

(3)投資する金融商品を選択する

口座を開設したら目標に見合った商品を選択しましょう。

ダンナであれば以下のように選択します。

「1円でも増やし、子供の学費に充当する」のであれば、投資信託

「10万円で金融教育の教材を用意する」のであれば、ETF

それぞれ解説しいきましょう。

 

まず、「1円でも増やし、子供の学費に充当する」が投資信託である理由です。

これは、投資信託の魅力である「少額で効率よく複利運用ができる」という性格があるためです。

後述しますが、ETFでは10万円満額投資することが出来ません。正確には難しいのです。

投資信託は大勢の人からお金を集め、細分化し、金額に応じた口数を配分されます。

そのため、10万円満額投資できるだけでなく、少額でも効率よく複利運用が可能となっています。

 

つぎに「10万円で金融教育の教材を用意する」がETFである理由です。

ETF投資信託のように10万円ぴったりを投資することが出来ません。

そのETFの性格については以下の記事が参考になります。

読み進める前に一読ください。

okomemgmg.hatenablog.jp

それではETFはどういった利点があるのでしょうか。

それは価格変動がリアルタイムで感じられることに加えて、分配金がでることです。

日本人は預金や保険といった商品ばかりで、価値が上下することになれていません。

今の10万円は10年後に同じ10万円であるとは限らない、と説明されて理解できる人は少ないでしょう。たとえ頭で理解できたとしても10万円が一日で5万円や3万円の価値になることを体験した人は少ないのではないでしょうか。

こういった価格変動をリアルタイムで感じることで、お金というのは時代によりモノにより、価格が変わっていくことが学べます。

 

また、分配金はお小遣いが入るということの他に、複利運用について理解するのにも大変よい教材であると考えます。

子供とともに「今月入った300円をお小遣いとして使うか、将来〇〇円増えることを目指して再投資するか」と話し合うことが必要です。

すると「子供がそんなこと理解できるわけ無いでしょう?」という方も居ますが、教えなければいつまでも始まらないし、教えていけば子供は理解できるそうです。

某投資家の家庭では幼少期から複利について教えており、子供自身が理解して選択しているそうです。

株式市場に晒されることで得られる経験は、文字や動画で教えるよりも遥かに素晴らしい学びになると確信しています。

 

(参考)ダンナだったらコレを買うかもという金融商品

投資信託

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

楽天・全米株式インデックス・ファンド

SBI・全世界株式インデックス・ファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

ETF

IシェアーズS&P500米国株 (1655) 

Iシェアーズ・コアJリート (1476)

※記載したETFは1株から購入できるため、少ない資金や分配金からも再投資しやすい利点があります。Jリートをオススメする理由は以下の記事が参考になると思います。

okomemgmg.hatenablog.jp

(4)投資に過度な期待をしてはいけない

さいごに注意です。

投資に過度な期待をしてはいけません。

「え?投資しろっていったのに何いってんの???」と思うかもしれませんが、少額投資に突きつけられる残酷な現実です。

今、あなたの中では10万円を投資したら18年後にいくらになっていると想定していますか?

30万?100万?1000万??

いいえ、現実は以下のグラフです。

f:id:PandD823:20220101151200j:plain

http://www.am-one.co.jp/shisankeisei/simulation.html

これは米国株の過去平均利回りを更に控えめに設定した利回り5%で、給付金の10万円を、積立なしで、18年間運用した場合のシュミレーション結果です。

結果としては24.5万円。思ったより増えた!という方は一安心ですが、増えなかったと思っている方は注意が必要です。

過度な期待は、過度なリスクをとる原因になります。

一番最初に決めた投資の理由を思い出しましょう。

なんのために投資をしているのかを忘れ、もっと増やしたい!と欲を出し、リスクの高い金融商品を買うことで0にしてしまうかもしれません。

リスクが悪いということではありません。たしかに高いリスクを冒さなければ大きく儲けることは困難であることも事実です。

しかし、子供のために使うお金で行うことではないと考えます。

そのため、投資に過度な期待を持つのはやめましょう。

 

おわりに

以上がダンナの考える10万円で行う子供のための投資です。

より良い生活の一助になれば幸いです。

それでは。

【2021】ダンナの投資備忘録(第四四半期)

f:id:PandD823:20211231133110j:plain

こんにちは、ダンナです。

今日は大晦日!なんとか投資備忘録も間に合いました。

色々あった一年でした。

メモを見返すたびに、自分の勉強不足や優柔不断さを痛感する程に…。

来年の相場に向けて、10月から12月も一気に振り返りましょう。

過去記事がまだの方はぜひ一読ください。

 

okomemgmg.hatenablog.jp

okomemgmg.hatenablog.jp

okomemgmg.hatenablog.jp

 

それでは始めます。

皆さん、今年も大変お世話になりました!

 

---------------------

---------------------

※2月以降株価指数は前月比でプラスの場合は、マイナスの場合はで表記します。

10月~減らない現金。上がる物価。~

①日本の株価推移(月末終値

 日経平株価 《28892.69

 TOPIX    《2001.18

 東証REIT指数2092.94

②米国の株価推移(月末終値

 ダウ平均株価《35819.56

 NASDAQ100 《15850.47

 S&P500         《4605.38

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:40.31

 HDV98.38

 VYM :108.44

ドル円相場《114.22

④主なニュース

 (日本)

 ・10月31日に衆議院解散&総選挙実施

 ・ワクチン接種率が諸外国を抜く

 ・新規感染者数が激減

 ・2024年から東京証券取引所の取引時間30分延長へ

 (国際)

 ・IMF国際通貨基金)、世界経済見通しを下方修正

 ・米国、CPI(消費者物価指数)依然高水準を推移

 ・S&P500最高値更新

 ・スタグフレーション懸念

⑤ダンナの感想と行動

 日本株は10月前半に「岸田ショック」で大きく下落しました。ウォール・ストリート・ジャーナルの英語記事にも「Kishida Shock」と称される下落っぷり。国内のワクチン接種率が高水準にあり、新規感染者数も激減している中での暴落は、岸田首相が「社会主義的な思想」であることからと言われています。日本の民意で選ばれたのが今の政権ということを考えると、日本は投資家に厳しい国なのかもしれませんね。

 日本でも少しずつ物価が上昇してきた時期ですが、海外ではサプライチェーンボトルネックがきっかけにCPIが高水準を推移していました。FRBが「インフレは一時的」というワードを出すたびに「そんなことないだろ!もう充分インフレ状態だ!!」と反応するメディアやコメンテーターが多くなっていました。そのため、この頃はスタグフレーション懸念に関する記事も多かったです。

 こういう時期になると優良な高配当株の時代が来たかな~と感じていました。このあたりから何故か現金比率が異様に高くなってきたため、定期的に積み立てる額を増資しました。結構増やしましたが12月現在でも減らない不思議な状態に…。なぜだ…。

 

11月~リスク許容度の見直しを~

①日本の株価推移(月末終値

 日経平株価 《27935.62

 TOPIX    《1936.74

 東証REIT指数2020.45

②米国の株価推移(月末終値

 ダウ平均株価《34483.72

 NASDAQ100 《16135.92

 S&P500         《4567.00

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:39.28

 HDV94.68

 VYM :105.93

ドル円相場《113.27

④主なニュース

 (日本)

 ・7~9月のGDPが悪化

 ・企業物価指数が約41年ぶりの高水準

 ・10月総選挙により自民党政権の発足

 ・金融所得課税強化を示唆

 ・価格操作を目的とした石油備蓄の放出

 (国際)

 ・オミクロン株の出現により市場相場が大幅に下落

 ・FRBパウエル議長再任

 ・パウエル議長「インフレは一時的」の文言を事実上撤回

 ・Twitter社CEOのJack Dorseyが退任

⑤ダンナの感想と行動

 この月は米国株も日本株も下げ相場で終わりました。日本株は岸田首相がなにか発言するたびに下落していることから、「頼むからもう何も言わないでくれ!」とTweetしている人を見かけました。金融所得課税の強化については、ネット上でもかなり賛否両論があったように思います。僕は自分の考えとは反対の人がどういう意見を持っているのかを見たいので、ホットニュースが出るたびにTwitterをポチポチしています。当たり前ではありますが、投資をしている人は課税に大きく反対していましたが、投資をしていない人は「当たり前」「お金持ちから分配スべき」などの声が見られました。

 個人的にはリスクを犯してお金を増やそうとしているので、そこに手を付けるのはフェアではないのでは…?と思うのですが、保険大国日本ではそういう考えにならないようです。みんなも投資すればいいのに…と思いますが、不思議ですね。また、そんな愛すべきTwitterJack Dorsey氏が退任されました。素晴らしいリーダーシップを発揮されていた方だけに残念ですね。お疲れさまでした。

 相場が下落するにつれてFIREブームも落ち着きを見せたように思います。上り調子の時は「このままFIREできるぞ!」と楽観的になっていましたが、いざ下落を経験するとリスクのとりすぎた投資家たちは恐怖する相場であったと思います。リスク許容度をしっかりと見極めて投資すべきですね。

 高配当株ETFも大きく下げましたが、ドル円価格も相まって割高感は否めませんでした。積立金額を増やしていましたが、もうちょっと買いたい欲がふつふつと湧いているのを抑えるのに必死でした(J-RIETを買い増ししたのはナイショ)。

 

12月~相場からのクリスマスプレゼント~

①日本の株価推移(12/30終値

 日経平株価 《28791.71

 TOPIX    《1992.33

 東証REIT指数2066.33

f:id:PandD823:20211231124246p:plain

②米国の株価推移(12/30終値

 ダウ平均株価《36398.08

 NASDAQ100 《16429.10

 S&P500         《4778.73

f:id:PandD823:20211231124437p:plain

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:42.00

 HDV100.85

 VYM :111.97

f:id:PandD823:20211231124915p:plain

ドル円相場(12/30終値)《115.06

f:id:PandD823:20211231124926p:plain

④主なニュース

 (日本)

 ・岸田首相、自社株買いに規制言及

 ・岸田首相、株主に賃上げ理解を求める

 ・日本株式配当控除の節税余地狭まる

 ・個人金融資産2000兆円間近

 ・新型コロナウイルス飲み薬の「モルヌピラビル」が日本でも承認

 (国際)

 ・米国、テーパリング加速。2022年に3回利上げ見通し

 ・S&P500、今年70回目の最高値更新

 ・米国、ヨーロッパ各国で感染者数が過去最多

⑤ダンナの感想と行動

 年初来からみると日本株も米国株も大きく上昇した年でした。まあ、それゆえにバブルと言われていたのかもしれませんが…。今年の12月はサンタクロースラリーの恩恵を受けて、大きく資産が増えた人もいるのではないでしょうか。

 日本においては割安な相場なのかもしれませんが、新興国株のような危うさを感じて手を出していません。日本企業の業績が良くなっているのに、岸田首相の一言で大幅下落するような相場はちょっと不信感強め。とはいえ、今年の大納会は前月比でプラスに転じたため、一安心した投資家も多いのではないでしょうか。依然として3万円台に回復することなく終わった日本株ですが、今後に期待ですね。

 一方、米国株はS&P500が今年70回目の最高値を更新したとか。来年あたりはバイデン政権が2年目にはいることもあり、大きく下げる局面が増えそうです。新型コロナウイルスの新規感染者数も下げることを知らぬ状況になっており、XJAPANのYOSHIKIさん大丈夫かな~と心配していたら、腹痛で入院していたとか…。ご自愛ください…。

 下げ相場でも配当を出してくれる企業が多い米国。様子を見ながら買い増ししていこうと思います。とはいえ、最近は米ドル以外の通貨で資産を持とうとも検討中…。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上で今年一年の振り返りが終わりました。

みなさんはどのような一年だったのでしょうか。

毎日コツコツ勉強して、小さく失敗して、小さく成功を繰り返せば、着実に資産拡大が出来るのと思います。

今後も一緒に学んでいけたら幸いです。

皆さん、良いお年をお過ごしください…!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな記事も書いています。

是非見てあげてくださいいい!!

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

【2021】ダンナの投資備忘録(第三四半期)

f:id:PandD823:20211231103359j:plain

こんにちは、ダンナです。

年末の総まとめ第三弾です。

今回は7月から9月(第三四半期)までの出来事を記録していきます。

前回、前々回が未読の方は先に御一読いただけると嬉しいです。

okomemgmg.hatenablog.jp

okomemgmg.hatenablog.jp

 

今回は当たり障りのないコメントばかりかもです。

それでもいいよ!という方はぜひ読み進めてください。

それでは始めます。

 

---------------------

---------------------

※2月以降株価指数は前月比でプラスの場合は、マイナスの場合はで表記します。

7月~株価の上下も気分次第~

①日本の株価推移(月末終値

 日経平株価 《27283.59

 TOPIX    《1901.08

 東証REIT指数2160.33

②米国の株価推移(月末終値

 ダウ平均株価《34935.47

 NASDAQ100 《14959.90

 S&P500         《4395.26

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:39.50

 HDV97.25

 VYM :105.35

ドル円相場《109.67

④主なニュース

 (日本)

 ・緊急事態宣言延長

 ・東京オリンピック開催

 ・新型コロナウイルス感染者数が激増

 (国際)

 ・新型コロナウイルス変異ウイルス拡大

 ・経済協力開発機構で法人課税ルールの見直し

 ・経済協力開発機構でデジタル課税導入の検討

 ・中国、規制強化による株価暴落

⑤ダンナの感想と行動

 忘れもしない7月。ダンナとヨメは9月に結婚式を控えていたこともあり、東京オリンピック開催の有無が最も重要なニュースでした。結果的にはオリンピックは開催され、新型コロナウイルスの感染者数は激増しました。それはもう烈火の如く。東京オリンピックの開催は「緊急事態宣言下」での開催となりました。「緊急事態宣言とは?」という空気が流れており、これ以上自粛できない!という個人や企業が増えていたように感じます。

 また、中国の規制強化により中国株が暴落しました。教育関連企業に対して「非営利企業になりなさい!」という支持をしたことから、関連株はほぼ無価値になりました。その他規制対象株についても売りが増え、中国株のパフォーマンスは最悪でした。カントリーリスクの大きさを受け、新興国株への投資に危機感を覚えた人もいるのではないでしょうか。

 

8月~まるでロシアンルーレット

①日本の株価推移(月末終値

 日経平株価 《28089.54

 TOPIX    《1960.70

 東証REIT指数2142.91

②米国の株価推移(月末終値

 ダウ平均株価《35360.73

 NASDAQ100 《15582.51

 S&P500         《4522.68

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:40.42

 HDV97.31

 VYM :107.55

ドル円相場《110.06

④主なニュース

 (日本)

 ・1回目ワクチン接種率が約56%

 ・菅政権支持率低下過去最低

 ・上場企業の7割がコロナ前に回復

 (国際)

 ・アフガニスタン政府崩壊、米軍撤退

 ・ビットコイン急騰

 ・米国、ジャクソンホール会合開催

⑤ダンナの感想と行動

 すでにこのあたりから景気のピークを迎えているという報道が多く出ていました。そのためFRBによる「テーパリング」の開始時期が重要視されていました。テーパリングが始まることで、今のバブル相場が終わるのでは?という懸念もありましたが、愛kも変わらず米国株は好調でした。

 このような環境だと、ハイテク株よりも高配当株のほうが強みがあるかな?と思い、少しずつ買い増しを始めていました。SPYDは不動産に触れる、HDVはエネルギー株の比率が高いということで、個人的に今買っておくべきかな?と思いました。

 

9月~株のことより結婚式~

①日本の株価推移(月末終値

 日経平株価 《29452.66

 TOPIX    《2030.16

 東証REIT指数2071.77

②米国の株価推移(月末終値

 ダウ平均株価《33843.92

 NASDAQ100 《14689.62

 S&P500         《4307.54

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:39.12

 HDV94.26

 VYM :103.35

ドル円相場《111.94

④主なニュース

 (日本)

 ・緊急事態宣言解除

 ・日銀、金融緩和措置維持

 ・菅首相辞意、自民党総裁選で岸田文雄選出

 (国際)

 ・中国恒大集団の債務問題(デフォルト危機)

 ・ドイツ、メルケル首相引退

 ・米国、債務上限問題

⑤ダンナの感想と行動

 私事ですが9月は結婚式でした。正直、株式相場は放置の時期です。しかし日々の勉強はしておくべきかな?と思い、メモは続けていました。

 一番おもしろいと思ったのは自民党総裁選による日本株下落です。菅首相が辞意表明したことで、期待感からか日本株は一時的に上昇したのですが、総裁選の結果が岸田文雄氏であったことで大きく下げました。「相場は素直だな~」という手帳メモにあるように、岸田氏はあまり期待されていないことが分かります。

 また、このあたりから大きなニュースがすくなく「バブルはいつ終わるのか」ということばかり話されていたと記憶しています。しかし、中国恒大集団の債務問題は新興国株の危うさを改めて教えてもらえたニュースだったのではないでしょうか。

 

ーーーーーーーーーー

以上、7月から9月までの総まとめでした。

何かと理由をつけて「今は危ない、買わないほうが良い」という話ばかりの期間だったと思います。今思えばこの頃買っても年末には増えている状況なので、大きな損にはならなかったと思います。

次はいよいよラスト、10月から12月です。

それでは。

ーーーーーーーーーーー

結婚式関連の記事はこちら!!!

ぜひ!是非見てあげてください!!

okomemgmg.hatenablog.jp

okomemgmg.hatenablog.jp

 

【2021】ダンナの投資備忘録(第二四半期)

f:id:PandD823:20211229211428p:plain

こんにちは、ダンナです。

前回からの続き

第二四半期の備忘録です。

第一四半期が未読の方はぜひ一読いただければ幸いです。

okomemgmg.hatenablog.jp

---------------------

---------------------

※2月以降株価指数は前月比でプラスの場合は、マイナスの場合はで表記します。

4月~緊急事態宣言(三回目)~

①日本の株価推移(月末終値

 日経平株価   《28812.63

 TOPIX    《1898.24

 東証REIT指数2063.80

②米国の株価推移(月末終値

 ダウ平均株価《33874.85

 NASDAQ100 《13860.76

 S&P500         《4181.17

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:40.21

 HDV  :95.58

 VYM  :103.67

ドル円相場《109.17

④主なニュース

 (日本)

 ・緊急事態宣言発令(三回目)

 ・高齢者向けワクチン接種開始

 (国際)

 ・米国、株式売却益の増税提案

 ・Coinbase<COIN>上場(仮想通貨取引所

 ・バークシャー・ハサウェイ日本円建て社債発行

⑤ダンナの感想と行動

 4月は緊急事態宣言(三回目)を受けてか、日本株は前月よりも下がりました。一方、東証REIT指数は続伸しており、このあたりからJ-REITの割安感が薄れてきたように感じます。

 米国株の続伸は止まらず、高配当株ETFもSPYDとVYMについては暴落前の株価から回復しており、HDVも後少しで回復といったところです。ダンナの手帳には「株価も伸びる続けるので、さすが米国株だな~」といったメモが残されていました。

 また、仮想通貨は4月の間で-20%前後の下落がありましたが、仮想通貨取引所のCoinbase<COIN>が上場して一部で盛り上がりを見せていましたが、僕は特段ほしいとは思いませんでした。

 日本株に限ってはバークシャー・ハサウェイが日本建て社債を発行しており、商社株の買い増しが騒がれていたので「お?商社株買おうかな…?」と揺れている様子がメモに現れています。結局は買っていませんけどね…。

 日本円資産はJ-REITだけで良いかな?と思っていたので買い続けていました。この頃にJ-REITに関する記事を書いているのでぜひ御一読いただけると嬉しいです。

okomemgmg.hatenablog.jp

 

5月~お金ならある。しかし何買うか迷う。~

①日本の株価推移(月末終値

 日経平株価   《28860.08

 TOPIX    《1922.24

 東証REIT指数2073.55

②米国の株価推移(月末終値

 ダウ平均株価《34529.45

 NASDAQ100 《13686.51

 S&P500         《4204.11

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:41.64

 HDV  :98.10

 VYM  :106.81

ドル円相場《109.49

④主なニュース

 (日本)

 ・緊急事態宣言延長

 (国際)

 ・米国、日本への渡航警戒レベル「渡航中止の勧告」に引き上げ

 ・中国、暗号資産の取引・マイニングに規制

⑤ダンナの感想と行動

 7月に開催予定のオリンピックに向けて、緊急事態宣言が延長されました。しかし、日本の感染者拡大が止まらなかったため、米国では日本への渡航警戒レベルを「渡航中止の勧告」に引き上げました。

 また4月に引き続きビットコイン価格が大暴落。5月だけで約-35%の大暴落でした。おそろしい、ビットコイン…。中国で暗号資産の取引やマイニングに規制がかかったことが大きいと思います。

 高配当株ETFも続伸しており、ここまで買えば買うほど平均取得単価が上がっていくので「高配当株ETFは積立てするものじゃない。」という論調が多く出始めていたように思います。とはいえ、ダンナは「定期的に買わないと結局買えないから買う。」という手帳メモにあるとおり、一定数は買い進めていました。しかし現金比率も増えており、投資先に困ることで発生する”現金余り”が始まったのがこの頃です。

 どうせ現金で持っておくなら債券に回すか~と考え始めており、債券ETFについて調べ始めたのもこの頃です。

 一方、WealthNaviの運用に不信を抱き、自分で運用しようかな~と思い立った時期でもあります。分散投資をして最適化していると言う割に、S&P500よりも大きく下げ、S&P500よりもパフォーマンスが悪く、手数料で毎月1000円以上取られていたので、WealthNavi不要だな、という結論に…。以下の記事に詳しくまとめています。

okomemgmg.hatenablog.jp

okomemgmg.hatenablog.jp

 

6月~運良き個人投資家

①日本の株価推移(月末終値

 日経平株価 《28791.53

 TOPIX    《1943.57

 東証REIT指数2150.73

②米国の株価推移(月末終値

 ダウ平均株価《34502.51

 NASDAQ100 《14554.80

 S&P500         《4297.50

 (参考)ダンナの買っている高配当株ETF

 SPYD:40.09

 HDV96.53

 VYM :104.77

ドル円相場《111.12

④主なニュース

 (日本)

 ・ワクチン接種率拡大

 ・緊急事態宣言解除

 ・家計金融資産残高過去最高を更新(四半期連続)

 ・2020年度GPIF収益率が過去最高を更新

 (国際)

 ・米国、2023年にゼロ金利政策解除の見通し

 ・米国、SECで市場操作の兆候調査を発表

⑤ダンナの感想と行動

 この頃からワクチン接種率の拡大や景気回復兆候が見られました。今後の見通しを楽観視する雰囲気もあり、J-REITについては続伸しています。昨年の暴落から少しずつ仕込んでいたので、分配金利回りが凄いことになった時期です。

 一方、日経平均株価は3万円に達してからというもの、続落傾向にありました。米国の金利政策解除等が響いたと言われています。あとはオリンピックかな??

 また、米国では1月~2月頃から話題になっていたミーム株が一層の加熱を見せていました。あまりにも急騰しすぎるので、一過性のものかと思っていましたがかなり引きずっていましたね。SECの調査も結構遅いかな~と思いました。

 また家計の金融資産残高が過去最高を更新しており、GPIFも2020年度の運用成績は過去最高を記録していました。ドコモかしこもお金が溢れている状態、ということでしょうか。しかし、日本の金融資産における株や投資信託の割合は低い状態であったため、一律10万円の給付金がそのままのこったのでは?という見方もされていました。

 ダンナは先月解約したWealthNaviの資金をETFに移管していました。単純に株式:債券=5:5の割合です。結果論ですが、かなり高いパフォーマンスを出しているので、解約して正解だったと思います。ポートフォリオの参考にした書籍解説は以下の記事です。

okomemgmg.hatenablog.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ここまででやっと半年です。

オリンピックの開催是非について議論された時期だったと記憶しています。

東京都知事選も賑わいを見せていたように見えましたが、以前と大差なかったです。

WealthNaviについてはコロナショックを受けていつか解約しようと思っていたので、ちょうどよい時期に利確して、別の資産に移行できたな~、運が良かったなぁ~と振り返りながら思いました。

次は第三四半期。7~9月を更新予定です。

年内に備忘録が完成するとよいのですが…。

それでは、また!!

続きはこちらから!

【2021】ダンナの投資備忘録(第三四半期)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普段はこんな記事も書いています。

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

okomemgmg.hatenablog.jp