ごはんがおいしい。

将来新潟に還りたい夫婦(仮)の生活記録

MENU

いまのハンサムも最高だ。 ~SUPER HANDSOME LIVE 2021"OVER THE RAINBOW"感想~

ハンサムライブ、長く続くアミューズ俳優の感謝祭ライブも、今年で16年目。

気が付けば、私の人生の中でもそれなりに長く、そして結構大きい存在である。

 

昨年2020年は世代交代ライブのような雰囲気で(実際そうだったんだろうけど)、今年から、正真正銘"新しい世代"のメンバーだけでやります!というライブ。
卒業した(と便宜上表現するが、卒業ではないと思っている。)歴代メンバーがあまりにも、多彩で個性豊かで人間としてかっこよくて、"エンターテイメント集団"として出来上がっていた、そして存在感がデカすぎた。だからなのか、2020年ライブは正直「先輩ハンサムの出演あってこそ」という印象も若干あったので、今年はどうなるんだろうな~~~と思っていたわけです。

でも。

そんなのぜーーーーーんぶぶっ飛ぶぐらい"ハンサムライブ"してた。

※「ハンサムライブする」という動詞が伝わる人には伝わると思っている(こら)。

 

めちゃくちゃ楽しくて幸せで

"ハンサムっていいな" "アミューズ最強だな"

って思っちゃうハンサムライブでした。

「2021年メンバーで作り上げた」って印象が大きくて、メンバー間の仲も深まったのをなんとなく感じました。嬉しいぞ…。

そんなこんなを、セトリ形式+αで振り返るぞ~~~!ウーハイハイ!!

 

f:id:PandD823:20210503204145j:plain

 

 

 

0. OP映像

オシャレ映像…本気度が!完成度がすごい!

ああいうカッコイイ映像(なんというか、キュン系ではない媚びてない感じ)は近年久しぶりな気がして、それこそ2012を彷彿とさせる…こりゃあ今年のハンサム、本気だ…!と思ったり。

 

1. New Beginning

さて、アルバム「GET IT BACK!」をひっさげての今回のライブなわけですが、実は私ギリギリまでアルバム曲を全然聞いてなかったんですよね…笑

アルバム一周さらっと聞き流したかな~…?ぐらいの状態で入ったので、曲に対する印象もやたら書いちゃうかもです。

 ウオ~~~~!ライブ始まったぞォ~~~~~!

とテンションが上がって血が沸騰する曲です。曲がカッコイイまじで。会場で見た時の照明がギラギラのバチバチで最高でした。白メインのモノクロ系衣装と、照明も白オンリーなのほんとかっこよかったなぁ…。

曲の入りがサビで、その後Aメロの歌いだしがカイショーマのソロなのが最高ですよね…。

これは推し贔屓目が多分に含まれているのですが、彼、2020~2021年でミュージカル3本(で合ってる?)出演して、すっごく成長されてて…特に歌の安定感が爆上がりしてた。

2020年で"歌うま枠だな~ウンウン(ふわっ)"って感じだったのが、

2021年で"何をどう考えても歌うま枠!!!!!拍手!!!!!"って感じになりました。(伝われ)

そんな彼が今年のハンサムライブ1曲目歌い出しパートなのが"ホァ~~~~解釈一致~~~~!"と、嬉しくなったり。

 

2.Bang!

これは公式でPractice動画が上がっていたので、"あっ、やるんだ~"と思っていたのですが、そんな軽く流してい良い曲ではなかった!!(?)

ライブで披露した2013から現在に至るまで"現役"な、みぞたくのクソチャラBang!最高~~~!だったし、

当時の"チャラ is 正義"な曲が大好きなので、も~ノリノリになっちゃいますよね…

そして何より。 

「時が不安の闇を連れて あざ笑うように過ぎてく」の渡部秀パートを甲斐翔真が継いだの、ほんとーに「ありがとうだいすきだよ~~~~!」ってフライングディアマイしそうになった…2曲目にしてMVP出ちゃったよオイオイ…って思った…。

 

3.Festival Night

ダンス曲続くねぇ!?!?飛ばすねェ!?!?!これぞハンサム!あがってきた~~~~!となる3曲目、2016の曲ですねぇ。

ここも「このパートこの人歌うのか!」とかあった気がするけど思い出せないゴメン。

配信で見た時思ったけど、汗っかき組はこうもダンス曲が3曲続くとダバダバキラキラなの面白かったな~、ハ~尊いな~…。

 

4. ベストスマイル

 ダンス激しさ的には少し落ち着くこの曲(?)。

若干懐かしさを覚えるベストスマイル、サビでぴょんぴょん跳ねるメンバーが可愛いな~(ざっくり)

 

-最初のMC-

恒例の最初のMCとメンバーからの挨拶!

「まずは石賀和樹!」がしっかり受け継がれて定着しててニッコリしちゃった。

初日夜はMC組もふわふわそわそわした感じで(観客に着席を促すタイミングがちょっと遅かったり)、なんだか"がんばれ~!"って感じだったのですが、最終公演ではだいぶ頼もしくなってましたね…成長だ…。

全公演配信ありだった今回、毎公演ごとに異なるメンバーが「配信視聴者にニックネームをつける」流れがありました。(昨年の升席的な。)

最終公演はトミケン発案の"マイスイートハニー"だったの最高だったな(一度なんか発案したんだけどボツにされて必死に考え直してた、笑)

 

以降、四季とともにハンサムの曲を振り返ろう(?)というテーマで、

"ハンサム学園"を舞台にした撮りおろし映像→楽曲披露 という流れになります。

 

 

映像:春

 "あの"塁子の次はトミケン演じる(?)トミ子だった~~~!

な、なんだあのつよつよキャラ…確かにめちゃくちゃ適任だった…ほどよい筋肉感とキャピキャピ感がたまらん…白いふわふわスカートから覗く筋肉質なふくらはぎとか…これもまた彼のハンサム愛を感じる…(そういうことなのか…?)

そしてトミ子先生を取り囲む学生陣や松岡先生(恋つづ出演の事務所先輩パロと私が知ったのは実はだいぶ後でした、笑)のキャラの濃さ~!!!

古風ヤンキーのおたま(太田将熙)、猫好き陰キャ風のなゆた(福崎那由他)、留学生…??(兵頭功海)、"俺のジュリエット"を探すロミオ(甲斐翔真)の男子4人組。字面だけでもほんっっっっとにボケの大渋滞なのですが、ちゃんとおたまが回収してて成長を感じました(※ウエメセ、ダメ絶対)。

松岡先生こと松岡広大、巷を騒がせるあの舞台、「スリル・ミー」の私役をやってる最中にこれなので…役の温度差がすごくてクラクラしちゃったな?!いい意味で振り切ったこだちゃん大好きです。(といいつつ、もう"ちゃん"づけで呼べないな~と思う今日この頃、詳細は後述しますが)

 

5. ねぇ、神様お願い

略して"ねぇ神"!

石賀・小関・藤原・溝口の歌うまメンバーによるマイクパフォーマンスユニット!

なんというか、歌唱力で優しく包み込んでくれる曲ですよね…(?)

衣装のチェックジャケット+蝶ネクタイがまたレトロ感あってかわいい~似合う~!
恋に臆病なチョイダサ男主人公の歌詞がまたいいな~って思うけど、いやおめーら絶対そんなことないよ…というビジュアルである…

そういえば、溝口琢矢ことおしゃべりクソ野郎(いや逆!!!)も舞台に出演しながらのライブ参戦だったので、初日と楽日の夜公演しか出演してないんですよね~。でもいない時いる時でちゃんとカバーしあってるんだなぁと思うと、ハンサムチーム流石だなぁと、しみじみしちゃいますわ…。

 

6. With You

わりと終盤に歌ってるイメージがある曲なので、"お!ここで歌うのか!"と新鮮だった記憶。メンバー全員でないのもまた新鮮。春っぽい桜の映像と照明が綺麗だった記憶…(ざっくりでごめん)

 

 

映像:夏

夏祭り!お祭り!屋台!(ハンサム焼気になる…ジミー焼ではないのか…)

7. ガールフレンド

曲だけだと「あ~若い衆の若々しい曲~^」という感想だったのですが、映像と振り付きで見ると、「若可愛い~~~~~!!!」とはしゃいじゃうような曲です。

TDCのステージ裏からステージに出てくるまで、歌いながら出てくる演出!しかも、ステージ裏に屋台セットの数々が組まれていて「なんだこれおもしろ~!」となりました。楽しいやつ。

トミ子先生を口説きたい男子学生ズ(なゆかなたいゆにいはらの4人)が、夏祭りを舞台に色んなアプローチをするのがカワイイ~

役作りでマルコメくんヘアー+13kg(だったかな?)増量したかなた、浴衣着たらしょっぱなからトミ子先生に「西郷隆盛~?!」って言われてるのめちゃくちゃ笑った。

あと好きなポイントは、射的の屋台のテイで、今回のグッズのブロマイドを鉄砲で打つところ(トミ子先生小関撃ってたような…?)とか、なゆたが跪いてエスコートするところとか…

初日は見ていて"急いで急いで~!"感があったけど、やっぱ回を重ねるごとに、移動に余裕が出てみんなが遊ぶのが良く分かって楽しかったな~!

ステージに出て終盤、打ち上げ花火を見上げるシーンは配信だとすごくオシャレなことになってたので感動。(会場スクリーンの花火映像と、トミ子先生たちが花火を見上げる映像を重ねた感じ)

あと一応(?)、たいゆが一番イイ感じになってたの"やっぱりお前か!!"感である。

 

8. TWILIGHT

ショーマが作曲したこの曲、彼をセンターに、小関、松岡、溝口/太田の歌うま組が揃い踏みのとんでもない曲でした…。

最初に聞いた時は"はぁ~しょまさんほんと歌うまくなったな…夏の夜空なのかな…"とぼんやり思うことしかできなかったのですが、

最終日の昼公演、終盤、作曲者本人から「みんなも知ってる大切な人を去年亡くしてしまって…その人を想って作った曲です。オーラス、同じ気持ちでみんなに聞いて欲しいので言いました。」(また聞き情報なのでざっくりです!!)という発言があり~~~~~~??!?!

そっかぁ…しょまさんの今年一年の気持ちを想うとなんだか居ても立ってもいられなくなっちゃうな…

そんな最終公演、しょまさんの曲終盤ソロ部分、気持ちが昂って歌声が詰まってしまったんですよね…それを後ろで優しく見守り、背中を押すハンサム歴長い組よ…そんなの見せられたらこちらも涙なしでは見られないわけで…ハァ~~~~…ハンサムってすごいな…

 

あ、そうそう。

CD収録時はおたま以外4人での歌唱だったのですが、みぞたく不在時のリハかなんかで代役でおたまが歌ったら、想像以上にしっくりきたため、「(本番も)一緒に歌っちゃう?」となったらしく。(おたまインライより)確かにすごくしっくりくるもんな…これも成長ってやつか…と思ったり。

 

 

映像:秋

文化祭準備をするトミ子先生のクラス。ここで女子組登場!

去年と変わらず若さが眩しいたいゆ子(?)と、新人のにいはらちゃん。

にいはらちゃん、マジで「こういう子、いる!」なゆるふわ女子だった…目玉焼きパーカーとデカ黒縁眼鏡が似合うよォ…そして躍ると引くほど激しいというところ含めてパーフェクトなハンサム女子でした…これは推せる…!!

そして狂気のYouTuber・トミ子先生のトミちゃんねるハンサム紹介動画よ…名前の字面しか触れてない(けすけ以外)紹介動画、最高だったな…笑

教室の中にちゃっかりいる男子3人組もなんだか可愛かった~。

 

9. SEIZE THE DAY

とんでもないものを見せられちまった……

 

「世の中には二種類の人間がいる。Conflictのライブを見た人間とまだ見ていない人間だ。」

彼らのライブを見た人間は、いつまでも彼らのライブを思い出しては恋焦がれ、そして次のライブを想いもがき苦しむという…

まだ見ていない人間は、「あの時見れば!」という後悔の念に苛まれながらも、いつかやってくるであろう「初めての衝動(ライブ)」を待ち、恋焦がれる…

そう、彼らは社会現象を巻き起こした伝説のバンドである…

 

みたいな映画やるんですよねアミューズさん?!?!?!?!

と声を大にして言いたくなるようなライブ…アッステージでした。

このバンド、"Conflict"という名前になったそうで。矛盾とか、葛藤という意味合いで選んだらしいよ。(初日夜公演のMCより)(私は某兄弟の乙女ゲームを思い出したとかなんとか)

何度も言うが、予習はほぼゼロだったので、まず曲のカッコよさに驚く。なんだこれ。

次に驚くのがビジュアルの良さ。楽器割り当てまで計算し尽くされている…。

そしてフロントマンの歌唱力と会場を巻き込むような気迫。そして衣装がバンドマンだ…。

なんだもう~~~~好きじゃないやつおらんやろこんなん…

このバンドの映画を想像するだけでごはんおかわり10杯いただけちゃうな~誰かとConflictの話をして語り明かしたい…どなたか…何卒…

 

最終公演では、しょまさん、あのTWILIGHTからの映像はさんですぐSEIZE THE DAYだったんですけど…

(TWILIGHT終わりにSHUNさんから「翔真、喉大丈夫!?」って心配されたとかなんとか。)

ほんとーーーーに、完全復活!って感じで一番調子よ~くバチバチに決めてきたんですよね…あ、これは楽器組も含めですが…

配信でも伝わってきたよ…現場に居たかった、と悔やむことが幸せなぐらいに(?)めちゃくちゃ悔しかったよ…

これがフロントマンの宿命だといわんばかりに、彼の覚悟とかそういうものもまるっと見えちゃうような、(たぶん言いすぎかな笑!!!)最高のライブでした!!!ありがとうTDC!!!!!(まだ終わっとらんぞ!!!)

 

10. 強走

休む間もなく、ラップユニットの曲!
お馴染み(?)劇プレこと劇団プレステージの元劇団員、アリーこと小池さんの作詞曲。

改めて歌詞を見ると、すごくアリーさんぽさがにじみ出るなぁ。

トミーがめちゃくちゃラップ馴染んでてカッコイイ~!と思ったり。ほどよいイカツさ、とでもいうんでしょうかね…。

 

11. Dress up

またまたとんでもないのきた~~~~~~!!!!

バンドが歌で殴るなら、彼らダンスユニットはダンスで殴ってきた、という印象。

(ダンス組ですから、それはそう)

まずスモークピンクのセットアップ衣装めちゃかわですよね…私"くすみピンク衣装大好き侍"的には、まず衣装からツボ…。

そして曲前のスクリーン映像に合わせたダンス演出。

「あ、これ何年か前のハンサムであったわ~」

「てかこれの私的"親"はV6だわ~懐かしい~」

といろんなことを思いつつ…

曲はクールでシンプルカッコいいんだが、ダンスがほんとにバリバリガリガリに踊るので…なんだろう、ダンスの美しさ、ステージの"暴力的な美"によって、客席に磔にされている感覚。息をするのも忘れるぐらい、かっこよかったなぁ。

 

てか新人・新原泰佑がマジで新人じゃないぐらいすごいよね…笑

ダンス歴が長くてダンスがヤバイという前情報はあったのですが、あんなダンス見せられたら色々と納得しちゃうな~~~。そしてMCを聞くとすごくふわ~ふにゃ~としているので、更に"納得"するのであった。

 

これもおたまのインライで聞いた話ですが、おたま、一緒にやるメンバーを聞いて「いやオレダンスできすぎる人に囲まれてやばいじゃん、笑(意訳)」となったらしく、自らラップ担当を名乗り出たとか。

でも、最終公演のMCで松岡のこだちゃんに「まさき、ダンスうまくなったよね!?(客席、同意の拍手)…いや、俺が偉そうに言えることではないんだけどさ…!」と言われている姿を見て、マジ、おたまめちゃくちゃ偉いよ!!!って心から尊敬の気持ちでした。(おたまへの感情は後述しますね)

実際、おたまはとてもダンスが上手いというイメージなかったけど、(もともとうまいよ!!って話だったらごめん、殴っていいよ)3人でダンスしてるところ見てなにも見劣りしなかったし、何より3人のステージを見てこれだけ衝撃を受けたということは、み~んな高レベルなパフォーマンスで、すごかったということです!!!(お前は何様だ~?!)

  

12. 振り向いて…トゥナイト

文化祭の秋、内容盛りだくさんすぎでは!?

はい、略して「振りトゥナ」。

なんだこの昭和バブリーソングは~~~~~~?!

曲が始まる前のメンバー一人一人の一言が更に個性的で面白い。

最初に見た初日夜公演、

おたま「オレ、マジで前の曲との振り幅ヤバくない!?」的なこと言ってて、いやほんとそれなwwwと笑いました。ご苦労様です。

モニターに映る歌詞も、他の曲とは違って"昭和のカラオケボックス風"で笑ったわ~。

みんなちゃんと全力で振り切ってて超楽しい!大好きな曲になってしまった。わたしもあのキラキラモール首にかけて踊りたい!!!

普段キメキメな曲では「脱力感・命!」の鈴木仁(私の主観ですが!)、振りトゥナはちゃんと踊ってて笑っちゃった。

 

映像:冬

彼氏がいなくて寂しいクリスマスなんです~なトミ子先生。(てか彼氏おったんか…。トミ子先生を振った輩はどこのどいつだ…!!?)

と、そこに登場する保健室の石賀先生。(爆乳京美人!!!!!wwwwwww)

いや石賀先生わりと美人に見えるのに爆乳にすべて持っていかれてツラいwwww

ま、それがハンサム女装だもんな…(そうなのか…?)

「うちのクリスマスパーティー、きます?」

と、連れていかれた先は保健室。

そこには生徒たち(久々の登場、甲斐ロミオ笑も)(初登場の細田くん(猫のすがた)も)が!!

楽しくクリスマスパーティーをしていると、雪が降ってきて…

ホワイトクリスマスを楽しんだのでした。チャンチャン。

 

13. ALICE

冬、ときいて「アリスやるか…?いやでもあれは2014の感情ソングみたいなとこあるし…」と悶々と考えていたら、やってくれましたアリス~!
"僕のヒロインさ"の神木パートは小関が歌いましたね!いや~、文句なし・納得の人選でした、ありがとうございます。

 

ゲームコーナー

おまちかねのやつ!!!!

特筆すべきはやはり最終公演のキュンファイですよね…。

最終的に勝ったのはマイクパフォーマンス組だったわけですが、数年ぶりの琢子めちゃくちゃ可愛かった!!!!し、それをしっかり口説き落とす小関が流石だよ~~~~…

そして、一緒に告白するも断られるモブ役(なのか?)を打ち合わせ無しでしっかりやれちゃう、たいゆと石賀っち流石だな~~~と感心しちゃいました。

次点?だったバンド組もなかなか印象強かったけど、大体"酔っぱらった花見客役"の鈴木渡邊のせいですからね!!!!!笑

しょまさんがかな子(かなた、ちゃんとウィッグ被って女の子スタイルだったのかわよだったな~~~!)を口説くのもなかなか…こう…これぞキュンファイだった!笑

ほんと~に、これぞリアコ製造マシーンだ…(遠い目)

「かな、ちょっと太った?笑」

の言い方とか、さりげないバックハグとか、ほんと~~~~~に、そういう映画通ってきましたって感じだよねぇ!!!!

でも、"酔っぱらった花見客"否、"泥酔状態の花見客"二人がハチャメチャな体勢で酔っぱらうから、そこに全部持っていかれちゃってね~~~~!? でも…あの時の二人、輝いてたな…笑

…と、なんやかんやで久々にキュンの大渋滞でした。

私も現地で拍手(投票)したかったよ…!!!

 

14. OVER THE RAINBOW

今回のツアータイトルのこの曲、現地入って本当に良かったなと思ったポイントが、やっぱ虹色の照明ですよね~。

運よく1バルのステージの向かい側の席だったので、ステージがすごく見やすくて、この曲に限らず、照明も綺麗に見れました!虹かかったな~。

そして何よりも、このストレートすぎる歌詞。

えっ、この曲ほんとにそう捉えていいんですか…えっ…こっちが泣いちゃう…

この曲の歌詞って、(ざっくり)俳優側は(今特に)辛く厳しいときだけれど、また会える場所(ハンサムはじめ触れ合えるイベントとか)を夢見て頑張っていくから、支えあって一緒に頑張って行こうな!!! ってことですよね…?

改めて歌詞を見れば見るほどストレートでびっくりします。笑

そんな曲を歌ってくれるハンサムがもっと大事になってしまうな、と思いました。

私も、私自身が今後どうなろうとも、きっと忘れないし忘れたくない場所だよ~~~~~~ありがとうハンサム…

 

15. Shall We Smile?

こちらもアルバムの新曲、明るく元気をくれる感じの曲ですね~。

そしてはつらつとした笑顔を見せてくれるハンサムがめっちゃかわいい。

サビ終わりの"~メロディ"のところで、♪マークを指で書く振り!あれもかわいい~!これも一緒に踊りたくなる曲ですね~。

 

16. シャッフルコーナー

~オタク、発声が抑えられないポイント~

(私はちゃんと抑えたよ!!!いや、抑えられない人のことをdisってるわけではないんです!!発声しちゃうのも仕方ないコーナーだったからね…!)

ルーレット風の映像で曲名発表→ゲームのキャラセレクト画面風の映像で歌唱メンバー発表、という流れ。(この映像めっちゃ好き)

これほんとにその時にならないと曲もメンバーも分からない形式だったので、色んな意味でヒヤヒヤキリキリでしたね…(遠い目)

 

初日夜は"縁遠いメンバーでキミノリズム"でした!

メンバー:みぞたく、ショーマ、けすけ、すずきじん、トミー

けすけとじんは昨年歌っていないので、たぶんこれが初で、他のメンバーは新人だった頃に歌っているはずなので、久しぶりのキミリズかな~?

セレクト画面(歌唱メンバー発表)で名前が呼ばれると、なんとなく一人一言発言してたんですが、最初のみぞたく(違ったらゴメン)が

「俺のリズムに乗りな!」

って言うからTDCという場所も相まって、多くの人が(神尾アキラ…笑!)と思ったとか思ってないとか…。

それに乗じて(?)、その後のメンバーもそれっぽい一言を言うので、とうとう神尾アキラ5人衆みたいになってた。(でもしょまさんは何か言おうとして何も言えてなかったよね、笑、かわいいね~)

でもしょまさん、現地でステージに出てくるとき、謎の力んだ歩き方で出てきて面白かったな…笑笑

あ。みぞたくの"なんか切なくて"は、初代キミリズ吉沢亮よりかは切なかったです。"一応切ない風"でした。

 

そして最終公演は"恋愛強者によるA(C)"(勝手に命名

メンバー:おたま、小関、松岡、新原、みぞたく

いや、ダンスつよつよ組やん…笑

色んな意味でめちゃくちゃ強そうなA(C)だったので笑、また映像で見たいですね…。

 

17. Beautiful Stranger

去年を思い出す~~~~!ここにきてBSはアガル~~~~~!!

去年歌ったメンバー(特に去年初参加組)は、練度上がってんな!!!って感じでゾクゾクしちゃったし、"去年居なかった"みぞたくとかトミーが加わったことで、全体として更にカッコよくなてて…。アァ~終盤にきてもずーっとテンションぶち上がっちゃうな~~~。

 

18. 親孝行

ヒエ!?BSからの親孝行いっちゃう!?!?!?!回せ回せ~~~~!!!!

と、実際は全然踊れないけど気持ちだけはぶちあがってました(運動音痴です)。

たぶんこの曲だったかと思うけど、なゆたが「感謝伝えるぞ~~~!」ってメンバー煽ってて、も~ほんとありがとう大好きだよだったわ…。

ハンサムライブの本質である"感謝を伝える"を、このタイミングでMCである彼が言ってくれることが、なんだかすごく嬉しかったのです。

…なゆちゃんおっきくなったねぇえ!?(突然の親戚のおばさんモーション)

 

19. GET IT BACK!

そしてこれか~~~~~~!!!ほんとに最後ぶちあがって、くたくたにさせるやつだ~~~~!!! 

今回の出演メンバーが、コロナ禍でオンライン会議しながら作ったというこの曲の歌詞。

改めて聞くと、ハンサムやっぱ好きだ~~~~!ってなる。

彼ら自身の「なんでこんな世の中!!!」「クソ~~~!!!」って気持ちが伝わってくるし、そんな中でもファン側もぜんぶぜーんぶ巻き込んで、強く生きようぜ!って言ってくれてる、みんなを引き連れて行ってくれる、そんな曲だな~と。

そして、ライブの歌唱ではその感情がめちゃくちゃダイレクトに伝わってきまして。

特に最終公演は「日常(あたりまえ)って何?」のところとか、CD収録とは別物なぐらいに"ほんとなんなんだよクソ~~~~~!!!"って歌い方で、「これが"エモい"ってやつか」と一人悟りを開くなどしていました。
そして、ラスサビあたりかな?みんなでヘドバンする演出があり…

松岡「最後、後悔ないように首振るぞ~~~~!」

ってメンバー煽ってて、彼の"漢"を感じたぜ…そ~ゆ~とこだよな…

 

このご時世だからこそできた曲だ。確かにこんなご時世嫌になるけど。

でも、彼らが一緒の気持ちでいてくれて、強く生きようと手を引いてくれるから、私もまた生きなくちゃな、って思えました。最高のパフォーマンスだったぜ!!!

 

En.1 一人じゃないからね~みんなの夢と希望~ 2020

この曲も前からある曲だなぁと思いつつ、今回のアルバムでだいぶアレンジされてきたので、別物として聞けて良かったかな~。

アンコールで出てきて改めて会場を見渡す時のメンバーの顔、すごく充実してキラキラしていて、美しかったな~。

 

En.2 Dear My Girl

ありがとう大好きだよ~~~~!!!

う~ハイハイ!で、下にドンドンするけすけよ……( ˘ω˘ )

 

MC-最後の挨拶-

なんかもうみ~んないいこと言ってたな、と思うんですが、個人的に印象に残ったお話をかいつまんで…

・新原くん

なんだろう、言いたいことたくさんあったせいか、ゆっくり独特の間で話している姿が印象的。ふわ~っとした雰囲気。内容も、初ハンサムあるあるな感想(お客さんを楽しませるつもりが、自分の方がパワーを貰っていた、という話)で、あぁ、これぞハンサムだ~と思いました。トークから滲み出る大物感がすごかったので、今後に期待したい!

・おたま

「昨年15周年を迎えたハンサム、今年は今までと違うこともやっているけれど、それは変化でもあり進化なんだ」という旨の話。後日のインスタライブを見て、やっぱ彼自身も新しいことに疑問や不安もあったんだなぁ、と。でもそれをちゃんと言葉にして、あの場で発言してくれるあたり、彼の優しさと責任感を感じます。

・しょまさん

「ハンサムしか勝たん!」(にっこり)

ハンサムライブに参加するのは3回目(フィルムとか含めると4回目なのか?)だけど、今年、初めてここがホームだと思えた、という話。

いや………そっか…!!!そんなことを聞いたらね、こちらも嬉しくなるんだよ…。

本当に色々思うところがあったり、私たちが計り知れない程の葛藤や挑戦があったんでしょうけど、それでも、今回こうやって"ホームだ"と言ってくれたことは、私たちファンにとってもめちゃくちゃ嬉しいし、ありがたいことだなぁ…。

これからもいつでもホームに帰ってこれるように、私たちも応援し続けたいな…。

松岡広大

(なぜかフルネーム)

「コロナ禍で"エンタメは不要不急"と言われめちゃくちゃ悔しかった。確かに生きるためには不要かもしれないけど、そういう"いらないもの"こそ人生には必要なはずだ。それを証明するためにここまでやってきた」(ざっくりです)という話を涙を耐えながらしてくれて…あ~~~~~~も~~~~ほんと君は本当に年下なのか~~~~~?!?!?(そこか)

 本当にこの人は俳優として、責任感と使命感がめちゃくちゃ強い男だな、と思ってしまったよ…自分を責め過ぎて逆に病んじゃうタイプじゃないかお前…?ちなみに私、私生活ではそういうタイプと絶対に仲良くなれる気がしません…(そういうことは聞いてません)

あの場にいた、キャスト・スタッフ・観客、み~~~~~~んなが思っていたであろうこと、ずっとモヤモヤしていたことを、彼が代弁してくれて、きっとみんな救われたと思うよ。ほんと、エンタメは必要不可欠だ。ありがとう広大~、大好きだぞ~…。

・かつくん

最終公演、みんなの涙腺決壊ポイントはここだ!!!

今回、新原くんと新人で加入したけれど、新原くんはダンスがもともと出来る子なので、正直大変だった。辛いこともたくさんあったけど、無事ライブができて本当によかったし楽しかった~(ざっくり)という話。をして涙が抑えきれなかった様子。オヨヨ…

包み隠さず、「辛いこともあった」と話してくれるかつくんの素直さが好きだし、そういう空気感の今年のハンサムメンバーも好きです。優しい世界。

戦隊のお仕事って、放送は1年だけど、撮影期間やその後のイベント含めれば、ほんと2年ぐらいずっとつきっきりなわけで。そんな中合流して頑張った彼が、ハンサムというチームの中でも輝いてくれることが、なんだか嬉しい気持ちです…。

君がアミューズでよかったよ~~~~!

・みぞたく

虹がかかった!!!!!頭の回転が速い男!!!!

ほんとによく喋るな~。

虹の始発点がTDCで終着点が配信先なので、今虹がたくさんかかってるんです!!!という話。ほんとに最後まで泣かなかったな。

チャラたく、あの場ではハンサム歴最年長だったけど、満を持してドセンターやってたりして、なんだか胸が熱くなったよ…チャラたく最高でした…。

・けすけ

卒業なんてさせねぇぞ?!?!?!?!

さらっと「まぁ今年で27なので、そろそろ卒業かなって思うんですが」と言うので、思わずPCの前で固まってしまったのですが、

いやお前猪塚センパイ見てみぃ?!?!ハンサム下級生が何位言うとんじゃァ?!?!!??!

と、昨年の正木郁子よろしく、キレ散らかしそうになっちゃったよ~~~もう~~~。

ハンサムはわりと年齢関係ないし、そもそも君はまだハンサムにいてもらわねば困る人間だと思うし、ファンがそんなこと許すとでも~~~???

発声禁止でなかったら、TDCが悲鳴で割れてたかもな~()

仕事の都合による不参加や、本人の強い意志として"卒業する"というなら、止められないけど…

でも、なんだかんだ次のハンサムでも

渡邊圭祐、ハンサム卒業なんて誰が言ったんです???」

とか言ってボケ倒して出てきてほしいな~~~~~。頼むよ。

 

En.3 またね

これまたドストレートな曲が誕生したんだなぁ…びっくりした…。

THE・ハンサムライブのアンコール曲 だよね~。

「またきっと、ハンサムライブという場で会おうね」ってメッセージソングだな~?!

最後の挨拶からのこの曲なので、メンバーはぼろぼっろに泣いてたり、そんなメンバーの肩を誰かが抱いてやったり…愛しい空間だった。

 

◆その他、メンバーへの個人的な感情とか色々

・おたまを尊敬するし応援したい気持ちについて

さて、Dress upでダンスおばけ2人に挟まれつつも、めちゃくそかっこいいパフォーマンスを見せてくれた彼を心から尊敬するし、応援したいという話です。

と、いうのも、おたまって年齢的には今のリーダー格な小関とかこだちゃんより年上なんですけど、ハンサムに参加できるようになったのって、しょーまトミーたちと同じ年で、メディア露出も、ぶっちゃけ他のメンバーよりかは目立たない方だったと思うんです。(ハンサム入りも、ド!のメンバー選出が大きなきっかけなんだろうけど)

そういう差ってたぶん自分自身で感じて、悔しい思いもたくさんしてきただろうけど、決して腐らずにずっとハンサム出続けてて、今や、ハンサムになくてはならないメンバーの一人なわけです。というか、"ハンサムに必要な人間になってみせた"とでも言うんでしょうか。

"腐らずに挑み続ける"って芸能界じゃ当たり前なことかもしれんけど、一人間として、そういうのほんとすごいって思っちゃった!という話でした…。これからもハンサムとして、アミューズの俳優として頑張ってほしいな。

なんでこんなこと思うのかって、たぶん数少ないハンサムメンバーの中のリアル同い年なのと、なんやかんや劇プレ時代から見てるところが大きいかもです。ザ・私情!

 

松岡広大、もう"こだちゃん"なんて呼べない!何?!"先生"?"師匠"??!

テニスで金ちゃん役をやってる頃から知ってる身としては、まぁ私から見て年下だし、ほんとかわいい子だったもんで"こうだいちゃん"→"こだちゃん"なんて呼んでたわけですが。

もう"こだちゃん"なんて呼べない!!!!笑

さん??先輩???師匠???自分より年下だけど????

役者として、あまりにもかっこよく、そして精神的に大人になのを嫌と言うほど感じるのですよね…。

2014が確か初参加で、最初から責任感と向上心がすごいな~と思っていましたが、次の2016ではやたら吉沢亮と張り合って(笑)「俺が次世代トップになる!!」みたいな闘志が丸見えだった気がする、それは良くも悪くも。で、ハンサムやったりやらなかったりして2020年では「ハンサムはずっと続ける」「応援して下さいとは言わない。皆さんに愛される男たちになって見せます」なんて男前発言が飛び出して、正直私は「松岡そんなこと言うのかァ!?確かに君はすごいけど、新世代メンバー大丈夫か?!」と鵜呑みにできない気持ちがあったわけです。

(今思えば、そりゃあ2014が初参戦で「ハンサムライブとはこういうもの」って植えつけられたら、それは"こうなる"よなぁと納得ではある。あの世代が"最後のつもりで挑んだ"ライブだったからね…。)

でもまぁ、今年のライブを見せられてしまったら、全部納得しちゃうのだった。正真正銘君はこの世代のリーダーの一人だね、って。

そして私の中での大きなきっかけは「スリル・ミー」の出演だろうか。あんなの見せられて、その上キャストスケジュールはハンサムライブ3日間だけ空けておいて、ライブ前日翌日にそれぞれ公演をやってるわけで。そこら辺のタイトスケジュール具合で言えば、歴代のハンサムや今回のみぞたくも然りなんですが…実際に見ちゃったら改めてヤバさを実感してしまったのでした。こいつァ~なんて体力気力おばけなんだ!!!!と。

きっと、ハンサムリハの場でも彼なりの信念を持って指導するシーンもあったんじゃないかな~と思うのですが、そういうの含めて偉いな…すごいな…と思います。

そして本当に仲良くなれる気がしません…(またその話か)

歌もうまくて芝居とダンスもできるちょいゴツ低身長くん、あまりも推せるのでブロマイドと37カードを買い揃えました。ハハハ

 

・なゆかなMCについて

昨年が初参加、そして公式も"なゆかな"で売り出す福崎那由他細田佳央太の二人。昨年高校卒業の彼らは幼なじみで高校も一緒、更にはクラスも一緒で名簿番号も前後という、まぁ"現代に舞い降りた奇跡"みたいな二人組なんですよ……。

昨年はぶっちゃけほぼ知らない状態でハンサムを見てまして、(なゆたが仮面ライダー平ジェネForeverに出てる子で、しかも黒執事で坊ちゃんをやっていた子だとは知っていたので、でっかくなったなー!!!という気持ちではあった。)新人組もみんないい子だな~ぐらいのゆるい気持ちだったのですが。

昨年のキミリズ組(なゆかな、たいゆ、かいと、しゅんじくん)がめちゃくちゃ仲が良いらしいとか、お互いのインスタライブに行ってはコメントし合っているらしいと、ライブ後にやたらTLで話題になってたんですよね…。(ちょうど昨年のライブ後に本格的な自粛ムードが始まって、やたらみんなインスタライブをやってた時期でした。)

その時期に何度か二人のコラボインスタライブを見てしまって、「現役高校生……」とかわいさのあまり衝撃を受けました…。(若いもんの"絆"って最高じゃん……)

そんな二人、いつかハンサムライブでMCやればいいじゃん!!!って思ってました。が。

 

 

そしたらほんとに二人がやるって発表があり笑ってしまった。マジか。

二人とも役者としてはお墨付きなところがあるとはいえ…マジか。

公式で"なゆかな"呼びなのも含め"ヒェッ"ってなっちゃった。ま、いいんですけど。

 

正直、たなかは声が通るしMCのイメージあるけど、なゆたはちょっと大人しそうだから、MCを二人でやるとしても次の次ぐらいかな~~なんて思ってたら、まさかの今年大抜擢でしたわ…。

 

ハンサムライブのMCって大変だと思うんですよ。ただでさえMC大変なのに、それに加えて上から下まで個性豊かすぎる面々をまとめて進行しなきゃなわけで。

でもほんと~に、よく頑張って成し遂げたなぁと思います。初日こそ慣れない感じがちらほら見えたけど、最終日は、周囲のサポートもありスムーズ進行できてた気がして、成長だな~!と思いました。なゆかなMCを見ることがこんなにも早く叶うなんて思わなかったよ。ありがとう!!!

かなたは、通常のハンサムリハに加えてドラム練習、それに加えてのMCだったので、本当に熱心にハンサムライブに取り組んでくれたんだなぁって思います。昨年から彼の"ハンサム愛"はすごいことを感じていたけど、改めて、それを体現しちゃう男だと思った。かっこいいぞ君は。

なゆたは、昨年の挨拶や普段の喋り方(外の仕事の時はまた違うのかな?)のゆる~ふにゃ~な感じからは想像もできないぐらい、ハイ!ピシッ!!キリッ!!!って感じでびっくりしましたわ…。時々出てくる天然発言(「ここいらで!」とか)も含めてなゆたって感じがして好きです。

何より、最終日の最後の挨拶、

なゆた「昨年ボロボロに泣いちゃったんで、今年は泣きません!MCだから、最後までその場を回さないとけないんで!今年は泣かないんです!!偉いでしょう、俺!?」(ざっくりうろ覚え)

といった直後に号泣しだしちゃってね~~~~~!?こっちも泣いちゃう。本当にかわいいよね君は。

なゆかなは、お互いがお互いのことを"こいつはすごい""頑張ってる""助けられてる"って思い合っているのが何よりも尊い……。ダイレクトに言葉にするのって、もしかしたら世代や若さゆえで、いままでのメンバーにはあまりない関係性かもな~。

かなたは最後まで泣かないか、と思いきや、最後の En.3 またね で、歌唱中にボロボロ泣いちゃってね~~~~~!?!?!本当にがんばったね。

 

二人のMCが見れて幸せでした!次もあれば、楽しみにしたいな~。

 

・甲斐翔真について

なんとなく数年前から推していた彼、今回のハンサムライブで、確固たる推しになってしまった感…私の中では珍しい長身の推し…。

セトリ各項目で散々言及しましたが、ここ数年でたくさんミュージカル経験を積んだ成果が、ここまで如実にライブで見れるとは思わなくて、なんだかこちらまで誇らしいような嬉しい気持ちになりました。

それに加えてあのTWILIGHTだったので、この一年、彼なりに、たくさん悩んで考えて、一つ一つのお仕事に向き合ってきたのかなって…。(まぁそれは彼に限った話ではないのでしょうけど)

ハンサムライブを通して"応援していてよかったな"って思えることが幸せだし、これからも応援し続けたいなと思いました。ミュージカルもそうだし、いろんな好きなことにチャレンジし続けてほしいな~。

 

◆最後に

ハンサムライブ、メンバーが変わっても、やっぱハンサムライブだったなぁ。

過去に出たメンバーが"ハンサムライブ出たい"っていうのも分かる。てか出ようよ!!!笑

とまぁ、難しいところがあるにしても、そのような場所が別であればいいな~という個人的な希望でした。

今年のハンサムは仕上がりはもちろんセトリもよくて、叶うなら現地全ステしたかったよ~~~~~!!!ハンサムに通う幸せな日々をもう一度…

ですが今年もまた、ハンサムライブ後に世の中の状況が厳しくなってしまって、ディレイビューイングも延期になってしまったり…。今後どうなるかはわからないけど、またハンサムライブという場所で、集えることを願っています。

みんながキラキラしてるから、私も強く生きるよ!!!!ありがとう大好きだよ!!!!

 

f:id:PandD823:20210503204226j:plain

f:id:PandD823:20210503204216j:plain

MC推しとショーマ推しのうちわ。"キャンドル"はRENTモチーフです。


 

 

↓関連記事はこちら↓

 

okomemgmg.hatenablog.jp

 

 

okomemgmg.hatenablog.jp